アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』のレビュー・口コミを徹底検証♪『IC-SLDCP9』の性能や評価、評判もチェック♪

掃除機

安いコードレス掃除機を選ぶと後悔します・・・。これは私の実体験で、引越時に1万円台中盤の中途半端なコードレス掃除機を選択して失敗しました。

当時は家電量販店で買いましたが、掃除機は、今選ぶならアマゾンや楽天で買った方が性能の良い製品を安く買える可能性が高くなっています。

少なくともうちにあるメーカー製品より良い物を選べるでしょう。

数ある格安掃除機の中でも、今回は近年家電業界で注目を集めているメーカーのアイリスオーヤマのコードレス掃除機をレビューしていきます♪

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』のレビュー・口コミを徹底検証♪


アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』のアマゾンでの評価件数は1,584件と評価するには十分なレビュー数が集まっていました。

総評価は3.9とギリギリ高評価に入るか否かといった微妙なラインです。
ただ、評価件数が多い中で3.9という評価は健闘しています。

評価の内訳は以下の通りです。
★★★★★・・・38%
★★★★・・・・34%
★★★・・・・・14%
★★・・・・・・6%
★・・・・・・・8%


それでは、残念な評価と良い評価を見ていきましょう。

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の残念なレビュー・口コミ

こちらがアイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の残念なレビューです。

購入後、4ヶ月で取っ手部分が折れました。
軽量を謳っていますが、ヘッド部分が重く、全体のバランスが悪いなぁと思っていたところ、今日いきなり取っ手が折れました。
通常の使用中にです。
使用頻度は、週に2~3回、1回10分~15分程度でしょうか。
全体的な作りも華奢で、黒いパネル部分はすぐに外れ(めくれ)るし、静電モップもすぐに外れちゃうし、吸引力がそこそこだっただけに、非常に残念です。
アイリスオーヤマ製品は、外れ製品が多いです。
もうアイリスオーヤマの家電製品を買うことはないと思います。
アマゾンで返金に応じてくれるそうなので、他のメーカーのちゃんとしたものを買おうと思います。
引用元:アマゾン『IC-SLDCP9』レビューより

我が家で使用している掃除機は1万円台のコードレスクリーナーですが、正直、ネットで買ってしまえば良かったと残念に思っています。

というのも吸引力が悪くて悪くて^^;

その点、アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』は吸引力が良いので吸引力面で満足に至らないということは少ないです。

ただ、一番の心配点は、このレビュアーさんのように取ってが折れてしまうことです。

これはスティッククリーナーにありがちな問題なのではなくて、なぜかアイリスオーヤマ製の掃除機に代々受け継がれている欠点です。

新製品が出ても一定数「取っ手が折れました」というレビューが上がってくるので、もはや製品の構造上の欠陥なのかなと思ってしまいます。

こればかりは買ってみなければわからないですし、いつまでもつかもわからないので、アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の購入を検討されている方、特に購入をほぼ決めている方は購入後、外箱や梱包材を数カ月は保管しておいてください。

いざというとき、購入時の梱包材にしまって送り返せるようにだけはしておきましょう。

この取っ手が折れてしまう不具合を直すだけでも評価は4.3くらいには一気に上がると思いますし、ユーザー支持率が上昇してより多くの方が興味をもって買ってくれると思うのですが・・・もったいないですよね。

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の良いレビュー・口コミ


こちらは、アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』に肯定的だったレビューです。

今春アイリスのふとん掃除機買い、満足度が高かったので、スティック掃除機を買う際も候補に入れました。
マキタの製品が評判がよいと人づてに聞いたのですが一万円程度のものだと米粒さえ吸わないとレビューされていたので脱落。
電気店で運よくアイリスの一万円機と本製品を試す機会に恵まれ、使ってみたところ一万円機は軽さが売りで見た目はマキタに似ていました。
しかし吸引力では本製品が勝っておりただ置くだけで満充電後は自動的にOFFする手軽さにひかれてこちらに決めました。
両機とも自動モードにするとゴミのあるところは自動的にハイパワーになりとても便利です。ただしかなり微細なホコリも検出しているようでインジケーターが赤から緑に変わるまで時間がかかることがあります。わたしの場合、常時ハイパワーモードにして使っています。
気になる吸引力ですがハイパワーモードで10円玉、100円玉は難なく吸います。500円玉はヘッドに吸い付きますが、その大きさ故ヘッドでつっかえて最後まで吸い込むことができませんでした。
最後に、どの製品を買うにせよ一度電気店で確認されることをおすすめします。
引用元:アマゾン『IC-SLDCP9』レビューより

店頭で実機を試せる機会があれば是非試しましょう。
最近では店頭で実機を試してネットで買うということも普通に行われています。

特に吸引力はカタログスペックは非常に高くてもヘッド部分との相性との兼ね合いでカタログスペック程の吸引力を発揮できない機種もあります。

普段掃除機を使っているあなたの肌感覚で、「この掃除機は使える!」と思えるものに出会えるのが一番です。

ただ、吸引力は他のレビューを見ても概ね高評価でした。
500円玉を吸いつけるだけの吸引力があるのなら必要十分に思います。

さすがの吸引力です。
今まで使っていたクリーナーだと、米粒や、砂など吸いきらずイライラしてましたが全て吸い取ってくれます!
ブラシも回転する為、取りこぼしありません。
あと回転する力も強いので、勝手に前に進んでいく感覚で掃除が楽ちんです。
回転すると毛足の長いカーペットが掃除しにくかったですが、こちらは手元に回転のオンオフが切り替えられるボタンがあり重宝してます。
もう少しスマートだと嬉しかったですが、この吸引力でこの価格なら大満足です!
パナのパワーコードレスと悩んでいましたが価格も半分くらいなので助かりました。
引用元:アマゾン『IC-SLDCP9』レビューより

アイリスオーヤマの最大のメリットは値段に対して性能が高い点です。
ただ、前述の取っ手の不具合にだけは気を付けてください。

といっても気を付けようがないので、保証書や外箱、梱包材は取っておきましょう。

せっかく吸引力が素晴らしいというレビューが沢山あるので、この点は何とかして欲しい・・・もうこれにつきます(汗

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の性能と特徴

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の性能と特徴を説明します。
掃除機ってそんなに違いはないように思えますよね。

しかしメーカーやモデルによって、違いはしっかりとあるんです。
早速チェックしてみましょう。

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の性能

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の性能は以下の通りです。


・重さ:4.5kg
・電源:バッテリー式
・バッテリー容量:1900mAh
・充電時間:最長約5時間
・連続運転時間:標準で約35分、ターボで約6分、自動で最長70分
・吸引仕事率:185w
・静電モップクリーンシステム搭載
・自走式パワーヘッドタイプ
・ほこり感知センサー搭載
・ハンディタイプにもなる
・紙パック式
・集じん容積:0.3L
引用元:アマゾン『IC-SLDCP9』より

吸引力も稼働時間も十分なので安心ですね。
またごみも紙パック式なので、そのまま捨てれるのは衛生的です。

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の特徴

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』には魅力的な特徴がいくつかあります。
これらを知ることで掃除機を比較した際にスムーズに選べるので、購入前にチェックしておいた方が良いです。

1つずつ順番にチェックしていきましょう。

アイリス史上最強の吸引力!?

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の吸引力は、アイリス史上最強ともいえるほど強力です。

その吸引仕事率は185Wで、吸引力は従来品と比べて5倍も強いんです。

そもそもアイリスオーヤマの掃除機は満足度が高く、コスパ良好と人気です。

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』は、そんな今までの高性能な掃除機よりも5倍も吸引力が高まっているので、いかにすごいのかがわかりますよね。

スティック掃除機だから吸い込みが心配という人でも安心ですね。

静電モップクリーンシステム搭載でモップを清潔に保てる


アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』には静電モップクリーンシステムが搭載されているので、モップを清潔に保つことができます。

この静電モップクリーンシステムとは先端にフワフワのモップがついており、静電気によりほこりを取ります。

取れたほこりはクリーナーで取り除くとともに、除電も同時にできるので手間も発生しません。
モップって汚れを取るときは便利なんですが、それがほこりまみれになった時にうんざりしますよね。

この汚れを今度はきれいにしなければいけないのかと思うと、雑巾で拭いた方が早いのではとも思ってしまします。

しかしアイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』ならモップ自体の手入れも簡単で手間いらずなので、どんな隙間も掃除したくなっちゃいますよ♪

自走式パワーヘッド搭載だから扱いやすい

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』は、自走式パワーヘッド搭載なので扱いやすさが特徴です。

どんなに本体が軽くても、吸引している時にヘッド部分が動かしにくかったり、カーペットなど床の状態に応じて掃除のしやすさが変われば負担感しかないですよね。

しかしこの自走式パワーヘッドならどんな床でもすいすい動きますし、吸引力も大きく落ちることがありません。

掃除は毎日するものだからこそ、使い勝手は大切です。

『ほこり感知センサー』がゴミを教えてくれる

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』にはほこり感知センサーが搭載されており、細かいゴミまで感知してお知らせしてくれます。

ゴミが少ない時は青、多い時は赤に本体のランプが点灯します。

このゴミの量は単に部屋の汚れ具合を見るだけではなく、自動モードにした際もこの結果に応じて働くので省エネになるんです。

本体のコストも重要ですが、長く使う上で発生するコストも抑えられる上に部屋のきれいさもわかるなんて便利ですよね。

ハンディタイプとしても使える2WAY仕様

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の本体は分解できるので、ハンディタイプとしても使えます。

2WAY仕様だと、車の中の掃除など掃除できる範囲が広がるのでありがたいです。

広い場所はいつもの仕様にして、細かい部分や車内などはハンディタイプにすると掃除自体のストレスも減ります。

元々扱いやすい機能がそろった掃除機ではありますが、掃除する場所に応じて臨機応変に仕様を変えればより性能が生かされますよ。

吸引力の下がりにくい紙パック式を採用

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』は、吸引力の下がりにくい紙パック式を採用しています。

サイクロン式の掃除機もありますが、定期的に分解して掃除をこまめにしないと意外と吸引力が下がってしまいます。

私自身、紙パック式もサイクロン式も両方使ったことがあります。

サイクロン式は紙パック代がかからない代わりにダストボックスが目詰まりを起こすとすぐに吸引力が下がるので、いつも焦ってダストボックスの掃除をしていた記憶があります。

しかも、分解するとなると新聞紙を広げてたまったダストが床に落ちないように細心の注意を払って作業するので結構疲れます。これがなければサイクロン式(特にダイソン!)は良いのですが^^;

いずれにせよ良し悪しはありますが、私は手間が少ない方が長い目で見た時にストレスが少ないと感じるタイプなので、紙パック式が魅力的です。

それで吸引力も維持しやすいのであれば、掃除がどんどん楽になりますね。

アマゾン、楽天、ヤフー、どこが一番お買い得?

大手ECサイトでアイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』の価格を比較してみました。
純粋な価格比較です(金額は本記事執筆時点での税込み消費時となっております)。
・アマゾン:20,710円(税込み)
・楽天:19,800円(税込み)
・ヤフーショッピング:19,800円(税込み)


最安値は楽天・ヤフーショッピングの19,800円でした。
普段使われているショッピングサイトの方がポイントがたまるので、お好きなサイトを選びましょう。

アイリスオーヤマi10『IC-SLDCP9』のレビュー・口コミを徹底検証♪『IC-SLDCP9』の性能や評価、評判もチェック♪まとめ

取っ手が折れてしまう不具合が見られますが、吸引力が従来品の5倍もある点は非常に魅力的です。

また値段に対してついている『ほこり感知センサー』といった機能が良いのでコスパ以上のお得感を味わえます。

また、紙パック式で日々コストはかかってしまいますが、衛生面や取り扱いやすさでは紙パック式の方が便利ですよ♪