パナソニック コードレススチームNI-WL705のレビュー・口コミを徹底検証♪NI-WL705の性能や評価、評判もチェック♪

アイロン

こまめに衣類にアイロンをかけるとき、コードが邪魔になったりしますよね。
そんな時にコードレススチーマーがあればなぁと思って探していたのがパナソニックのコードレススチーム『NI-WL705』でした♪

今回は使い勝手が良いと評判の『NI-WL705』をレビュー♪
購入時の参考になれば幸いです。

パナソニック コードレススチームNI-WL705のレビュー・口コミを徹底検証♪


まず、アマゾンでのパナソニック、コードレススチーム『NI-WL705』の評価件数ですが、1.580件もの評価が集まっていました。

総評価は4.3とかなり高い評価です♪

評価の内訳は以下の通りです♪

★★★★★・・・55%
★★★★・・・・31%
★★★・・・・・9%
★★・・・・・・2%
★・・・・・・・3%

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,055 (2021/04/21 10:30:12時点 Amazon調べ-詳細)

NI-WL705の悪いレビュー・口コミ

高評価の多い『NI-WL705』ですが、低評価レビューもあったので紹介します。

滑りを重視し、こちらのアイロンの最上位モデルにしたが、アイロンのりをすると、滑りが悪くなる。
だいたいアイロンのりをするので、こんなに滑りが悪くなるなら、最上位モデルにしなくてもよかった。また、ダブルヘッドも私にはあまり意味がなかった。アイロンを左右の手に持ち替えながらアイロンがけするので、ダブルヘッドでなくてもよかった。
最上位モデルの商品は服の設置面が鏡のようにピカピカだが、服にラメのようについてしまうのも難点
引用元:アマゾン『NI-WL705』レビューより

もっとも滑りの良いと言われている最上位モデルでなくても十分というご意見ですね。

この方は両手で器用に持ち替えてアイロンがけをされるので、ダブルヘッドでなくても良いということですが、そうすると、そもそもパナソニックの『NI-WL705』でなくても良かったことになりますね(汗

個人的には片手でしかアイロンがけをしないのでダブルヘッドの方がありがたいのですが^^;

また、滑りやすさという点については評価が分かれそうです。

普段、かける衣類の種類によっても変わってくるでしょう。
実際、最上位モデルを購入されて満足だったというレビューも多く、好みがかなり分かれそうです。

このように不安な場合は最上位モデルを購入しておくのが無難です。

NI-WL705の良いレビュー・口コミ


続いては高評価を付けた方のレビューを確認しておきましょう♪

最高としか言いようがない。
アイロンは安価な物もありますが、ワンランク上の物はやはり違います。
何度もかけなくてもシワがすぐのびるし、すぐ温まる。
カバーが簡単に脱着出来るし、予熱を冷ます必要が無いので、使ったらすぐカバー出来て、子供の火傷防止になります。
引用元:アマゾン『NI-WL705』レビューより

『NI-WL705』は最上位モデルなのですが、下位モデルも合わせると全部で4種類販売されています。

こちらのレビュアーさんは最も滑りやすい最上位モデルを購入されているんですね。

もう最高ですって♪
滑りにくいアイロンはストレスが溜まりますよね。
もっと滑らかにすべってくれたら良いのに・・・と思ったのは私だけではないはず^^

最上位モデルの『NI-WL705』なら良く滑ります♪

また、火傷防止ができるので、お子さんやペットのいるご家庭でも安心して使える設計になっています。

アイロンで火事や、ケガをしてしまう事例はあるので、気を付けられる仕組みができているのは助かります♪

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,055 (2021/04/21 10:30:12時点 Amazon調べ-詳細)

安いものを使っていた時のシワの伸びにくさがストレスでアイロン掛けが嫌いでした。
ちょうど会社がビジネスカジュアルに変わり、ノンアイロンシャツだけでなく綿シャツ等カジュアルな服装が増えたので、使用頻度もかなり増えてます。
昔と違ってアイロン掛けが楽しくなる商品です。
なお、T-fal最上位機種と悩みましたが、決め手は完全にデザインです。どうしてもT-falのデザインがしっくりきませんでしたが、結果こちらにして何の不満もありません。
引用元:アマゾン『NI-WL705』レビューより

こちらのレビュアーさんも最上位モデルの『NI-WL705』(滑りやすさ星4)を購入されています。

T-fal最上位機種というのはこれのことかなと思います。

私は先鋭的なスタイル好きですけどね♪
ですが、パナソニックの『NI-WL705』とT-falのどちらのアイロンが使いやすそうかと考えると、パナの『NI-WL705』の方が凄くアイロンがけが楽しくなるなと思ってます♪

こちらのレビュアーさんのようにアイロンがけがストレスという方には最上位モデルを試してみてもらいたいなと思います。

アイロンがけに対する気持ちが変わってきますよ♪

パナソニック コードレススチームNI-WL705の性能と特徴


パナソニック コードレススチームNI-WL705の性能と特徴について説明します。
これらを知れば、今の家事が楽になる様子が想像できますよ。

パナソニック コードレススチームNI-WL705の性能

パナソニック コードレススチームNI-WL705の性能は以下の通りです。


・サイズ:幅11×高さ13×長さ22.6cm
・重さ:1.1kg
・消費電力: 1400W
・Wヘッドベース
・スチーム持続時間3分
・スチーム量:13g/分
・注水量160ml
・立ち上がり時間100秒
・指かけグリップ
・楽カール
・セーフティー形状
参照元:アマゾン『NI-WL705』より

機能が良いだけではなく、使い勝手がいいのも魅力的です♪

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,055 (2021/04/21 10:30:12時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック コードレススチームNI-WL705の特徴

次に『NI-WL705』の特徴を確認していきましょう♪

使いやすいWヘッドベース採用

コードレススチームNI-WL705には、使いやすいWヘッドベースが採用されています。

このWヘッドベースとは両方が先端になっているので、アイロンの向きを変えずに洋服を仕上げることができます。

細かい部分までしっかりとしわを伸ばそうと思い先端を方向転換する時、腕に熱い底があたりやけどした経験が私はあります。

程度は軽かったのですが、当たった直後はかなりビックリ、残念な気持ちになるんですよね(笑

このままアイロンをかけるのがうんざりする上に、腕も疲れてくるなんて最悪だと思いませんか?

しかしコードレススチームNI-WL705なら、Wヘッドベースのおかげでこの不満が解消できるので便利なんです。

ニッケルコーティングでより滑りやすく

コードレススチームNI-WL705では、ステンレスニッケルコーティング仕様なので滑りやすいのが特徴です。

アイロンをかけていて洋服の摩擦があると、意外とイライラしたり腕が疲れたりしますよね。

しかしコードレススチームNI-WL705ならその負担は少ないので、気軽にアイロンがけができるんです。

なお他のモデルとしてコードレススチームNI-WL605,505,405があります。

これらの違いは以下の通りです。

・605:セラミックコートベース
・505:ハードチタンベース
・405:シルバーチタンコートベース

滑りの良さはコードレススチームNI-WL705が一番良く、以降605、505、405の順に良いのが特徴です。

スチームは全面にたっぷり♪

コードレススチームNI-WL705では、全面たっぷりスチームが魅力的です。

今持っているアイロンのスチームって先端の方にしかついてなかったり、ついていてもスチームの噴出口が少なく思い通りの量が出なかったりしていませんか?

それでもアイロンがけはできなくもないですが、洋服の上を往復する回数が増えて布が傷む可能性があります。

また労力もかかり、毎回となるとめんどうですよね。

しかしコードレススチームNI-WL705なら全面からしっかりとしたスチールが出るので、さっと洋服を整えることができます。

負担は少なく、洋服を傷めずきれいになるのは助かります。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,055 (2021/04/21 10:30:12時点 Amazon調べ-詳細)

多彩なスチーム・スプレー機能満載

コードレススチームNI-WL705には、ハイパワースチームやハイパワーショット、ハンガーショットといった多彩なスチーム・スプレー機能があります。

ハイパワースチームは通常のスチームの4倍の量が出るので、プリーツスカートでもきれいに仕上がります。

またハイパワーショットだと、通常スチームの約20倍なので厚手のニットも柔らかく仕上がるんです。

他にも、ハンガーショットに関しては、ハンガーにかけた衣服に対して行うものなのですが、飲食店やたばこのにおいを脱臭する機能もあります。

シワがそんなに目立たなくても、脱臭目的で使えるのはありがたいですね。

タンクの量も多いから一度の給水で長く使える♪

コードレススチームNI-WL705のタンクの注水量は多いので、スチームが長続きする特徴があります。

上でも説明したスチーム量ですが、十分な量にも関わらず持続時間は約180秒も持ちます。

しかしタンクの量が少なければ給水が面倒で、結局この機能をあまり使わずにいる人もいますよね。

コードレススチームNI-WL705なら、タンクの量が160mlもあるので給水の頻度を抑えて使うことができます。

長く使うものだからこそ、メリットが多いものを選びたいですよね。

安心して持てるグリップ力

持ちての部分って意外とスルーされますが、最近は持ち手も持ちやすいものが出てきました。

『NI-WL705』も持ち手に一工夫されていて、グリップを握ったときに人差し指と中指との間に山があるので滑りにくくなっています。

些細な気配りが日本製だなぁと思わせてくれます♪

パナソニック コードレススチームNI-WL705のレビュー・口コミを徹底検証♪NI-WL705の性能や評価、評判もチェック♪まとめ

滑りやすさ抜群の『NI-WL705』はアイロンがけをストレスに感じている方におススメの一台です。

少し前のアイロンや安いアイロンでは、アイロンがけに疲れる、ケガをしやすいといったデメリットがありました。

『NI-WL705』なら滑りやすさ抜群で、アイロンがけが楽しくなるばかりか、ケガの予防もできちゃいます♪

また日本のトップメーカーであるパナソニックが作っているからこその信頼性もありますよ♪

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,055 (2021/04/21 10:30:12時点 Amazon調べ-詳細)