STEADYフィットネスバイク『ST102』のレビュー・口コミを徹底検証♪STEADYフィットネスバイク『ST102』の性能や評価、評判もチェック♪

kaisya

在宅需要の増加で在宅でできるトレーニングマシンの需要が増加してきました。

中でもランニングマシンとフィットネスバイクは人気なようですね^^

ですが、ランニングマシンはマンションなどでは騒音問題があるので使いにくいのが現状。

そこで、注目を集めているのがフィットネスバイクです♪

今回は、STEADYフィットネスバイク『ST102』をレビューします♪

STEADYフィットネスバイク『ST102』はアマゾンのランキングでも上位にいる売れ筋フィットネスバイクです♪

STEADYフィットネスバイク『ST102』の性能から評判や評価、口コミをレビューします♪

STEADYフィットネスバイク『ST102』のレビュー・口コミを徹底検証♪

STEADYフィットネスバイク『ST102』のアマゾンでの評価件数は1383件とかなりの方がレビューされていました!

総評価は星4.1と高評価です♪

評価の内訳は以下の通りです♪

★★★★★・・・45%
★★★★・・・・34%
★★★・・・・・11%
★★・・・・・・3%
★・・・・・・・7%

STEADYフィットネスバイク『ST102』の残念なレビュー・口コミ

こちらは、STEADYフィットネスバイク『ST102』に低評価を付けた方のレビューです。

予定より早く届いたので早速組み立てました。

①組み立ては、説明図がわかりにくいです。
部品の取り付け向き、ナット、ワッシャ、本体の順が正確に分からないので、勘で付けました。

②製品について、中国製だからか、精度が今ひとつです。強いて言うなら、安い家具特有の微妙なズレ、歪みがいくつかありました。

ただし、それによって使用感が不安定にはなっていません。

③気になるところ、、として、スピード表示があるのですが、これあってない気がします。何というか実際より速い速度で表示されてるような感じを受けました。

軽い=速い 重い=普通かな、、
因みに軽くしたら50km/hが軽く出ましたよ。
引用元:アマゾンSTEADYフィットネスバイク『ST102』レビューより

こちらのレビュアーさんは星3を付けた方です。

星1は早期の故障や初期不良に見舞われてしまった方のご意見が多く、この点は自分が買ったときにあたらないことを祈るばかりです。

星2になると製品に対する具体的なコメントもありました。
多かったのが音がうるさいですとか、異音がするといったところ。

他のフィットネスバイクの場合ですが、異音の原因に取付不良という問題がありました。

STEADYフィットネスバイク『ST102』は設計図が見にくいとのことなので取り付けが上手く行っていない例もあるのかもしれません。

こちらのレビュアーさんも設計図に頼らず勘で設置したと仰っていますが、組み立てが苦手な方は他のメーカー製品を選んだ方が良いかもしれません。

また、中国製のようですね。
この点はコストカットのため中国の業者さんへ委託するのは仕方ないとしても、ネジとのかみ合わせが悪いと心底イライラしますよね^^;

そうするとカスタマーサポートに問い合わせが殺到するわけで、カスタマーサポートのリソースを他に割けるようにするためにも精度を上げて欲しいところです。

スピードについては、割りきりましょう。
50kmはクロスバイクでも急な坂道を下らないと出ない数値なので、おまけ位に思っておきましょう。

STEADYフィットネスバイク『ST102』の良い点は安くてフィットネスバイクを買えるという点にあるのですから。

STEADYフィットネスバイク『ST102』の良いレビュー・口コミ

こちらは、STEADYフィットネスバイク『ST102』に高評価を付けた方のレビューです♪

非常にコンパクトで扱いやすい、ハンドル前にタブレット置けるので便利です。
ジムに行ってた感覚で使ってます。
一番は音がしない!静かです。使っていても他の人が普通にテレビ見てる。

これ自家発電出来たら良いね
スマホの充電ぐらい出来そうですけどね。
引用元:アマゾンSTEADYフィットネスバイク『ST102』レビューより

こちらのレビュアーさんは星5を付けていらっしゃって、全く不具合めいたものは発生していない様子です。

静音性がウリなのも分かりますね。

また、こちらのレビュアーさんは中央にタブレットを置いていますが、本来タブレットを置くスペースではないと思います。

ですが、室内で動かずにフィットネスができる最大のメリットを活かしています。

それが、ながらこぎができる点です。

通常のサイクリングでは交通規則にそった運転をしなければ危ないですし、法律違反になってしまいます。

ですが、フィットネスバイクなら歩行者にぶつかる心配もなく、自宅でこぐだけですから、ユーチューブや映画、ドラマをタブレットでみながらこぎ続けることが出来ます。

これの何が良いかというと、ただ黙々とこぐだけというのは飽きるんです。

特に、フィットネスバイクは景色も変わらないですし、環境の匂いも変わりません。

ずっと同じ風景の中こぎつづけるのはシンドイものです。

そこで動画や映画を楽しみながら、時には負荷をかけて見たり、時にはドラマに集中してのんびりこいでみたりと緩急をつけられます。

そうすると一番の問題となる『継続する』ということが出来るようになります。

それを活かせるのはSTEADYフィットネスバイク『ST102』の魅力です♪

ダイエットしたいけど、仕事から帰って、夜、外をランニングするのはキツイなー、と感じて購入しました。

とにかく静かです。
どんだけペダル漕いでも、とても小さな音しかしません。
どういう仕組みなんだ?コレ。
本当にスゴイ!!!

遅い日は夜中に使用しています。
先日マンションの真下の部屋の方に会った時、恐る恐る聞きましたが、全く気にならない(今まで気が付かなかった)から使っても大丈夫だ、と言われました。(隣の部屋にいても、分からないくらいなんですから当然ですよね)

フロントパネルには、スピードが常時表示されており、総走行距離、心拍数、走行時間、走行距離、消費カロリーが順番に表示されます。
とても便利ですし、いい汗かけます。

おかげさまで6キロの減量に成功しました。

利用し始めて2か月くらいになりますが、未だに異音もなく快適に利用できています。

購入時に在庫がなく、1か月待つ事にはなりましたが、売れてる理由がよく分かりました。

エアロバイクを検討中の方に、自信を持って勧められます。

買うなら絶対コレです!!!
引用元:アマゾンSTEADYフィットネスバイク『ST102』レビューより

購入されたことにとても満足されているレビュアーさんです♪

どんなマンションにお住まいかにもよりますが、階下の方に響かないというのは素晴らしいですね♪

もし階下への影響がきになるようでしたら、床保護用のマットを一緒に買うことをおススメします。

ランニングマシンの例ですが、ランニングマシンの振動音が階下に響くと思って床保護用のマットを2・3枚重ねて使っているという方もいらっしゃいます。

実際、3枚程度重ねてみてフィットネスバイクが不安定にならないのであれば、ご近所トラブルを防ぐ意味でもやっておくと良いですよ♪

私自身は1階に住んでいるのですが、上階の方のおそらく掃除機かコロコロをかける音が早朝にして結構迷惑しています^^;

これくらいなら軽い生活音だと思って苦情はいれませんが、上階からランニングマシンやフィットネスバイクの音がしてきたら流石にマットくらい敷いてください!というかと思います。

それぐらい、階下の人間にとって上階から聞こえてくる生活音は不快なものなんです。

マット自体はそんなに高くないので導入されることをおススメします^^

STEADYフィットネスバイク『ST102』の性能と特徴

STEADYフィットネスバイク『ST102』の性能と特徴を説明します。

シンプルな作りからは想像できないほど高性能なので要チェックです。

STEADYフィットネスバイク『ST102』の性能


【商品スペック】
本体サイズ:110cm×41cm×67cm
サドル高さ: 72~86cm(適応身長145~185cm)
梱包サイズ:96cm×39cm×23cm
商品重量 :14.7kg
耐荷重量 :100kg
【付属品】
説明書
トレーニング解説動画
参照元:STEADYフィットネスバイク『ST102』より

STEADYフィットネスバイク『ST102』の特徴

STEADYフィットネスバイク『ST102』はメディア掲載されたこともあり、知っている人も多いですよね。

ここではより詳しく特徴を説明していきます。

ananでも紹介されたフィットネスバイク♪

STEADYフィットネスバイク『ST102』は、ananの「ストレッチ&フィットネス名品図鑑」でも紹介されたフィットネスバイクなんです。

他にもMonoMaxの「6つの習慣で花粉症対策」やアニメ「刃牙」とのコラボなどが有名です。

メディア掲載以外ではSNSでも話題となり、累計販売実績が17万点以上と実力も十分なフィットネスバイクです。

多くの方が使っていると分かっていた方が安心して買えますよね♪

大きな筋肉を使うから効率がいい

STEADYフィットネスバイク『ST102』は、大きな筋肉を使うので効率よく鍛えられます。

この大きな筋肉とは下半身の筋肉を指し、他にも背中や体幹も刺激します。

筋肉が育てば代謝がよくなるので、普段と同じ動きしかしていなかったとして消費カロリーが変わってきます。

使えば使うほどフィットネスバイクの成果も大きくなるので好循環ですね。

フィットネスバイクだけでなく、普段から軽いスクワットや腕立て伏せをしておくと、より快適にフィットネスバイクをこぐことが出来ますよ♪

ジム通い不要!自宅でラクラクエクササイズ

STEADYフィットネスバイク『ST102』があればジム通いが不要なので、自宅でラクラクエクササイズが可能です。

ジム通いを検討する理由は様々ありますが、有酸素運動に関していえば不安要素はモニタリングできるのかと、負荷を自由に選べるのかですよね。

STEADYフィットネスバイク『ST102』なら、この2つの不安を解消する機能が備わっています。

負荷は8段階に調節できるので慎重が合えば、お子さんからご高齢の方まで幅広く使うことが出来ます。

もし、家族全員がフィットネスジムに通うとなると、月額費用がバカになりません。

頻繁に利用できる便利さを考えるとコスパもバカになりませんね^^

サドルは7段階調整ができる♪

STEADYフィットネスバイク『ST102』のサドルは7段階調整が可能です。

家族で使うとなると、身長差が問題ですよね。

しかしSTEADYフィットネスバイク『ST102』はサドルの高さが7段階調整できるので、身長145~185㎝まで対応できます。

サドルの位置が決まれば理想のフォームも取りやすいので、安全・効率的に運動する上でも大切ですね。

徹底研究して作り出した究極の一台!

STEADYフィットネスバイク『ST102』は、徹底研究して作り出した究極の一台です。

フィットネスバイクを普段から使用している人を集め、「自分自身が心から使いたいフィットネスバイク」をテーマに使用感をとことん追求しました。

部品にもこだわりぬいた1台です。

とはいってもパーツは中国製のあおりを受けている様子。

なので、この点はSTEADYフィットネスバイク『ST102』の改良点になります。

ただ、デザインもスタイリッシュで無骨さがありません。

自宅に置いていても違和感のないデザインというのも魅力の一つです。

静音性にはこだわりアリ!

STEADYフィットネスバイク『ST102』は静音性も高いです。

こぐときに発生する音は摩擦により生じます。

しかしSTEADYフィットネスバイク『ST102』ではマグネット負荷方式なので、音がなりにくいです。

またサドルのネジにもこだわりがあり、最も固定されたシート用のボトルネジを採用しています。

ここまでこだわりが詰まっていると、賃貸物件でも安心して使えますね。

パーツ間の衝突音をクリアに

STEADYフィットネスバイク『ST102』では、パーツ間の固定にもこだわっています。

この固定が緩いと、こぐたびに音が出てしまうので運動に集中できない可能性があります。

しかしSTEADYフィットネスバイク『ST102』では、よりしっかりとパーツが接合されているのでその音に悩む心配がありません。

見やすいモニター、心拍数計測も可能

STEADYフィットネスバイク『ST102』は見やすいモニター、心拍数計測も可能です。

運動して気になるのはモニターの数値ですよね。

しかし複雑に表示されると、それを見るために気をとられて運動に集中できないリスクがあります。

STEADYフィットネスバイク『ST102』はモニターの見やすさが人気です。

さらに操作しやすく心拍数もモニタリングできるので、健康的に運動することができます。

コンパクトで収納しやすい設計

STEADYフィットネスバイク『ST102』は、コンパクトで収納しやすい設計です。

使う時は約80㎝の幅も、折りたためば約35㎝になります。

イメージとしては掃除機くらいの間隔ですね。

そして移動時ですが、重量は14.7kgと軽量なだけでなくキャスターも付いているのでより軽さを感じます。

女性でも収納しやすい要素ばかり搭載されていて安心・安全といえます。

安心・安全な工場で生産♪

一応、STEADYフィットネスバイク『ST102』は整理整頓ができている工場で生産しているそうです。

ただ、低評価レビューを見ていると、この点はあくまでも整理整頓がされているだけで、技術的にはまだまだ発展途上の工場で生産されているのではないかなと邪推してしまいます。

というのも、ネジ穴が合わないといった低評価レビューが一定数あるんですね。

もちろん、大量生産品なので何十台に一台とか何百台に一台の割合で不良品が出てきてしまうのはしょうがないですし、これをゼロにもっていくのはほぼ無理です。

また、私たち消費者もなるべく不良品にあたりたくはありませんが・・・。

なので、この会社さんの今後の課題としては、生産された製品の不具合がないか、より不具合の少ない製造方法がないかを見直すべきかなと思います。

フィットネスバイクの『STEADY』はどこの国の会社?

STEADYフィットネスバイク『ST102』自体は中国製のようでした。

では、STEADYフィットネスバイクを出している会社はどこの国の会社なのでしょうか。

こちらは『ステディジャパン株式会社』という日本の日本橋兜町にある企業でした。

STEADYフィットネスバイク『ST102』自体も有名雑誌に取り上げられるくらい有名なんですよ♪

STEADYフィットネスバイク『ST102』のレビュー・口コミを徹底検証♪STEADYフィットネスバイク『ST102』の性能や評価、評判もチェック♪まとめ

STEADYフィットネスバイク『ST102』は静音性、軽量性、デザインが売りのフィットネスバイクです。

STEADYフィットネスバイク『ST102』をオススメしたい方は以下の方です♪

・自宅が狭くて大型のマシンは入れられない
・マンションだから階下への音が気になる
・ご近所迷惑になるからマシンは使えなかった
・夜外へ走りに行く時間がない
・久々に運動したいけど膝が壊れないか心配

特に久々に運動をする方が、いきなりジョギングをすると膝を壊しかねません。

膝が壊れては元も子もないですよね。

ですが、フィットネスバイクなら負荷を調整できるので膝を痛める可能性もググっと減りますよ^^