本日はオープントス(フロント・センター・バックトス)の
動画をピックアップ♪

☆コラム☆
《スポンサードリンク》

セッターをやるとなると、3種類のトスを最低限使い分けられなければなりません。
一つ目は通常のトス(前方へのトス)、直上のトス(主にセンターオープンで使用)、
バックトスです。

大前提は狙ったところへパスを投げられるようになることです。
どなたかが言ってましたが、セッターで大事なのは
狙ったところへ高いトスを上げられること、だそうです^^;
まぁ、そうなんですけどね^^;

高いトスがあげられるのであれば、
あとは高さや脚の長さを調整してあげれば
平行、Bチョン(正式にはなんていうんでしょ^^;?)といったトスも
あげられるようになります。

セッターは練習の数をこなして間隔を身に着けないと
やっていけないポジションだと思ってます。
ですが、セッターに長けた練習というのを
通常の学校ではしていないでしょう。
そういう場合は、セッターが各自時間を作って
自分の練習を取り入れていくしかありません。

練習メニューを変えられるのであれば、
自分がセッターとして練習に加わる事のできる練習を
追加してもらっても良いですね。
ただし、レシーブ練習が嫌だからセッター練習を増やしたいというのはダメですよ^^;
《スポンサードリンク》