自主練で一人でスパイク練習をする方法はありませんか?⇒一人スパイク練習法

■バレー初心者向け講座を始めました♪
現在ジャンプ力を上げるポイントをまとめたレポートを
プレゼントしようと作成中です。
  後日の配布にはなりますが宜しければご登録お願い致します(*´ω`*)ゞ
(メルマガの内容についてはコチラをご覧ください^^)


メールアドレス:
名前(HN可):


Q:自主練で一人でもできるスパイク練習が知りたいです。
A:スパイク練習は基本、セッター役がいないとできませんよね。
  そういう時はこの練習方法が役に立ちますよ^^


《スポンサードリンク》

一人でスパイク練習をする簡単な方法

一人でいてもスパイク練習ができるのならそれに越したことはありません。
他の選手より、一本でも多くスパイクを打ちたいと思う気持ちは大事ですし、そのやる気が自分を成長させてくれます。

でも、普段は最低でもセッターとスパイカーがいないとスパイク練習は出来ません。
もしくは、手投げでトスを上げてくれる選手かマネージャーが必要です。

でもですね、やり方を工夫すれば一人でもスパイクを沢山打ち込む練習が出来るんです!
その一つの方法が先ほど紹介した動画のやり方です。
自分で手投げでトスを上げ、助走をして打つ。
たったこれだけですが、最初は慣れるまで中々打てません。

この練習方法はジャンプサーブと動作が同じなので、ジャンプサーブができる選手は比較的すぐにできるようになります。

一人スパイクのトスアップの仕方【両手】

トスアップの方法は2通りあります。
一つは上の動画でもあったように両手でトスを上げて打つ方法です。
両手投げのトスアップのメリットはトスが安定する点にあります。

片手よりも両手であげる方が狙ったところにボールを投げやすいというのは経験上、体験したことのある方も多いのではないでしょうか。
ただ、これをデメリットと捉えて良いかは分かりませんが、両手投げのトスアップのデメリットとしては助走へ入るタイミングが分かりずらいという点にあります。

特に片手であげることに慣れてしまっている選手は両手で投げてから助走に入ると、どうしても遅れがちで打とうとするときにはボールが落ち切ってしまいます。これはジャンプサーブの練習でも似たような現象が起きますね。

私も一人で練習するときは、このように一人でトスを上げて打っていましたが、トスは両手では上げていませんでした。私はもう一つのやり方を取り入れていました。

一人スパイクのトスアップの仕方【片手】

私のトスのあげ方は、利き手(右手)でトスを上げて打つという方法でした。
上の動画では両手投げでトスを上げていましたが、ジャンピングサーブのように片手でトスを上げても良いんですよ。

ただ、慣れるまでは片手でトスを上げるのも難しいんです。
ネットまでの距離感や、どの程度の高さまでトスを上げるべきかという点で悩むと思います。
高いトスが打ちやすい人もいれば、私のように低いトスの方が打ちやすいという人もいます。
これは練習をしていく中で、自分自身でやりやすい方法を見つけてください。

片手でトスを上げると、必然的にドライブがかかってしまいます。ですので、その時は普段打つよりドライブのかかりが強くなります。つまり、無回転のボールを打つよりもミートが良くなるので、普段ならアウトになってしまうようなボールがインしてしまうことも多くなります。

このドライブのかかったトスに慣れ切ってしまうと、いざセッターにトスアップをしてもらって打った時にふかしやすくなったり、ミートが少しずれているような感覚になったりするので気を付けてください。

一人スパイク練習の良いところ・メリット

この一人スパイクの練習の良いところは、自分の打ちやすいところに自分でトスをあげられることです。普段のスパイク練習では他人のあげたトスを打たなければなりません。その際、トスが思ってたより離れたり近かったりしますが受け身となっている自分ではどうしようもありませんよね。

ですが、自分でトスアップするのであれば微妙なネットとの距離感を再現することができます。
もっとも、最初は両手でも片手でも思うようにトスアップできません。そこだけは慣れていくしかありません。慣れるコツはただひたすら数をこなしてトスアップの感覚を覚えてください。

また、メリットとしてもう一つ挙げておきたいのは、一人スパイク練習を利用して苦手なトスの練習もできてしまうという点です。

一人スパイク練習で苦手なトスを克服!苦手トス弱点解消法!

一人スパイク練習の利点は何といっても一人で出来る点です。
低いトスが好きな人はひたすら低いトスを打ち続けて満足感に浸るのも良いですよ。ミートがしっかりできていた時のスパイクの快感は、スパイカーにとってはたまらないご褒美のようなものです。

ですが、せっかく自由にトスを上げられる一人スパイクなんですから、好きなトスばかり打つのはやめて、苦手なトスも打ってみてください。例えば、私は低いトスの方が距離感がつかみやすく打ちやすいのですが、高いトスはタイミングの取り方が難しくなり打ちにくいと感じます。そこで、せっかくの自主練で一人スパイクを打っているのですから、このタイミングを利用して苦手なトスを克服するのです。つまり、わざと高いトスを上げて、それを打つのです。

昔やっていたのは、実戦レベルで飛んでくるであろう高さのトスを想定して、その高さのトスを上げて打つ、という方法です。もう一つは天井に届くんじゃないかってくらいのトスを上げて、それに合わせてスパイクを打つ方法です。

後者の場合は体育館の天井が高くないとできない練習なので一般的な公立の体育館ではできないかと思います。幸い、私の通っていた学校の天井は2階がギャラリーになっていて、さらにその上にプラス2階分の高さのある天井だったので、全力でボールを上空に放り投げても天井に届かないくらい高い天井でした。

実戦でそこまで高いトスがくることは非常に稀なケースではありますが、ありえない高さのトスを打つ練習はしておいて損はありません。何故かというと、滅茶苦茶に高いトスを打てるようになることで、ボールとの距離感を掴みやすくなります。そうすると、実戦レベルでくるような高めの二段トスに簡単に合わせられるようになるんです。

ちょっとした錯覚のようなもので、例えば、10kgのダンベルを一度持って筋トレをしてから、次に5kgをもって同じ筋トレをすると非常に軽くなりますよね。
これは体が10kgの重さを覚えていて、次にもった5kgの重さを前に持ったダンベルの重さとを無意識のうちに比べているからなんです。

これと似た原理で、非常に高いトスをわざと上げて打てるようにしておけば、いざ実戦レベルの高めの二段トスが来ても慌てず対処できるようになるってわけです。高めのトスが苦手な方は是非やってみてください。

一人スパイク練習法で身につく新しいサーブ感覚

この一人スパイク練習法は両手でトスを上げるにしても、片手でトスを上げるにしても、あるサーブの動作と全く同じ動きをします。それはジャンプサーブです。

ジャンプサーブのトスアップも両手投げタイプと片手投げタイプの二通りがあります。
私は利き手片手投げ派だったので、ジャンプサーブも一人スパイク練習法のトスアップも利き手を使って片手であげていました。

一人スパイク練習法は自分でトスを上げて、助走をとって打つという動作をします。
これはジャンプサーブと一緒です。唯一ジャンプサーブと違う点はボールを打つ軌道だけです。
スパイクであれば下向きに打ち込みますが、ジャンプサーブは押し出すように前方に打ちます。

つまり、一人スパイク練習法が出来るようになれば、あとは打つ角度を変えるだけでジャンプサーブも打てるようになるんです。もちろん、ジャンプサーブはジャンプサーブで練習しないと感覚がつかめませんが、ジャンプサーブの練習にもなるスパイク練習法としても、今日ご紹介した一人スパイク練習法は役に立つんですよ♪

一人スパイク練習法まとめ

・自主練で一人でスパイクを打つなら、自分でトスを上げて自分で打とう!
・トスのあげ方は両手投げと片手投げの二通り!
・トスの投げ方は得手不得手があるから好きな方を選ぼう!
・一人スパイク練習法は苦手なトスの高さを克服するチャンス!
・一人スパイク練習法ならジャンプサーブの練習にもなる!
・一人スパイク練習法をこなせば他の人より数多くスパイクを打て優位に立てるかも!
《スポンサードリンク》

■バレー初心者向け講座を始めました♪
現在ジャンプ力を上げるポイントをまとめたレポートを
プレゼントしようと作成中です。
  後日の配布にはなりますが宜しければご登録お願い致します(*´ω`*)ゞ
(メルマガの内容についてはコチラをご覧ください^^)


メールアドレス:
名前(HN可):