フライングレシーブのやり方を教えて!フライングレシーブのコツ①

■バレー初心者向け講座を始めました♪
現在ジャンプ力を上げるポイントをまとめたレポートを
プレゼントしようと作成中です。
  後日の配布にはなりますが宜しければご登録お願い致します(*´ω`*)ゞ
(メルマガの内容についてはコチラをご覧ください^^)


メールアドレス:
名前(HN可):


Q:フライングレシーブのやり方を教えてください!
A:大まかなやり方は以下の動画で学んでください。
  細かいことは以下の記事にて解説致します!


《スポンサードリンク》

フライングレシーブの種類は腕の使い方で2種類ある!

当サイトでは『YouMoreSports』さんのユーチューブ動画をかなりのかず拝借しています。
短くポイントだけを解説してくれているので見る側の負担も少ないですし分かりやすいのでお借りしているんです。

今回のは男女2人の方が実践してくれています。
男性の方がレシーブをした後に両手をついて着地するタイプのフライングレシーブをしてくれています。女性の方はボールに触れてから、ほぼ片手のみで着地しています。

バレーボールにおけるフライングレシーブは大まかにこの二種類に分けられます。
どっちが良い、悪いというわけではありませんが、後半で女性が使っていたワンハンドでのフライングレシーブの方が効率が良いと思います。

何故かと言うと、両手で着地するフライングレシーブの場合は、両手で着地することで床への衝撃を和らげるのですが、その際少し力を使います。そのあと、立ち上がる時に手をつきますから、そこでも力を使いますよね。

それに対して片手で着地するタイプのフライングレシーブは慣れてくると手はほとんど添えるだけ。つまり、ほとんど力を使わずにフライングレシーブが出来るようになるんです。
そういう訳で、片手フライングレシーブの方が効率的です。

また、両手しかできないと、フライングしていて後ちょっとで手が届きそうなタイミングで着地をしなければならなくなった場合、ボールを拾うことを諦めて着地のために手を床につかなければなりません。

ですが、ワンハンドでのフライングレシーブが出来るのなら、着地に気をつかわずにボールを拾うことに集中できます。守備範囲を広げるという意味でもワンハンドでのフライングレシーブをお勧めします。

ただ、フライングレシーブが怖い!とか、恐怖体験(腰を強く打ち付けたとか)をしている方は、最初に両手で床にタッチするタイプのフライングレシーブがおススメです。何故かというと、両手をつかって床に着地するフライングレシーブの方が習得が簡単だからです。
両手を使ったフライングレシーブに慣れてきたらワンハンドでのフライングレシーブに挑戦してみましょう!

それでは、次に2種類のフライングレシーブに共通するフライングのコツから説明していきますね。

フライングレシーブは低い姿勢からスタート

まず確認して欲しいことは、フライングレシーブに入るときは腰を落として低い姿勢になっているということです。前傾姿勢をとっていると表現しても良いですね。

ボールを追っかけているところを想像してください。
ボールを追っているときというのは全速力で走りますよね。ボールに追いつく頃になってからレシーブの腕を組みます。そうすることで、ボールに最短時間で到達できるからです。

言い換えると、一番ダッシュ時のスピードが速くなり、効率よくボールに到達できるということです。これは速く目的地点(ボールの落下地点)に到達するために必要不可欠な動作です。

では、全速力で走っているとき、自分の姿勢はどうなっているでしょうか?

たまに初心者の方で腕を組んだ(レシーブする準備をした)まま追っかけている方がいますが、腕を振らずに走るのためスピードが遅くなるうえに、腕を組んでるためにフライングもできません。
これじゃ追いつけるボールにも追いつけないので腕を組んじゃっている方はすぐにこの癖を直しましょう。

さて、話を戻すと、通常走っているときの姿勢(腰の位置)はレシーブの構えより高くなります。
ようは、直立したままの状態とそう変わらない高さに腰があるということです。どんなベテランプレーヤーでも、この状態からフライングレシーブは出来ません。なぜなら怖いからです。

なぜ怖いのかというと、腰を打ちつけたり、胸を打ちつけたりする可能性が高いからです。
では、どうすれば良いのかというと、レシーブに入る直前に少し腰を低くしてください。
また、腰を少し低くすると同時に腰をくの字に曲げて前傾姿勢をとりましょう。

そうすることで自分の目線がより床に近づくので恐怖感が和らぎます。
あとは中途半端にフライングをするのではなく、野球のヘッドスライディングのように飛び込みましょう。

もし中途半端なスピードでフライングレシーブをしたらどうなる!?

なんで思い切ってフライングレシーブに入ろう!といっているのかというと・・・。
中途半端なスピードでフライングレシーブをした場合を想定してもらえると分かります。
フライングレシーブが痛くないのは体が垂直に落下するのではなく、床に対して斜めに落下して着地するからなんです。飛行機が着陸するときのようなイメージです。

もし飛行機が垂直に着陸したら大破・炎上してしまいますよね。
バレーのフライングでいえば胸う打ちつけて痛いし息ができないとか、腰を打ちつけて痛くて立ち上がれないとか、こういった問題が生じてしまいます。そうすると、やっぱりフライングレシーブは怖いって思っちゃうんです。

飛行機が着陸するときにスピードを落とし過ぎたらどうなると思いますか?
たぶん、着陸に失敗してやっぱり壊れたり炎上したりすると思います。
なぜ、飛行機が安全に着陸できるのかというと、飛行機のタイヤが地面に衝突する際の衝撃をコントロールしているからです。

人間には車輪がついていませんが、発想は全く一緒です。
中途半端なスピードで床に滑り込むより、思いっきり、もしくは7・8割のスピードで走っていってフライングをした方が綺麗に着地ができますし痛くありません。
ですので、ボールを追うときは全速力で追うんだという気持ちで腕を沢山振って走ってください。
そして、フライングレシーブをする体勢に移行していきましょう。

最初に怖いと思うのはみんな同じです。ベテランの人も先輩も、最初はみんなフライングレシーブが怖かったんです。でも、その恐怖心を克服して飛び込んだからこそ綺麗で上手なフライングレシーブができるようになったんです。だから絶対に諦めないでくださいね!
因みに、私も久々にフライングレシーブをするときは大抵胸を打ちつけて息ができなくなります”笑”
こればっかりはブランクなので回数こなすしかないんですけどね^^;

フライングレシーブで体を打ち付ける場合の対処法

フライングレシーブをする際は少し腰を落とします(走りながらかがんでいくイメージ)。
トップスピードのままフライングをすることもありますが、この際気を付けるポイントは上半身を下げる点です。

これは腰位置や上半身が床から高いところにあると、ダイビングしたときのダメージが大きくなるため、そのダメージを低減する必要があるからです。低い姿勢で床にダイブするから床に体をぶつけにくくなるし、痛くなりにくく、怪我をしにくくなるというわけです。

逆に姿勢が高い状態でフライングをすれば経験者でも痛い思いをします。やれと言われても私はやりたくありません!

出来る人というのは無意識的に要点を掴んで実践しています。
私のように要領が悪い人間は、こうやってポイントを確認しながら一つずつマスターしていくしかありません。逆に、要領の悪い人でも、ポイントを一つ一つ押さえながら練習をしていくことで一流にもなることができるんですよ。

さて、腰位置を下げる点についてですが、腰を少し落としてかがめた方が重心が下がります。
それと同時に上半身も前かがみにするイメージで前傾姿勢にします。

これでフライングレシーブに入る準備は完了です。
次回はフライングレシーブに入るときに気を付けることについて書きたいと思います^^ゞ
《スポンサードリンク》


■バレー初心者向け講座を始めました♪
現在ジャンプ力を上げるポイントをまとめたレポートを
プレゼントしようと作成中です。
  後日の配布にはなりますが宜しければご登録お願い致します(*´ω`*)ゞ
(メルマガの内容についてはコチラをご覧ください^^)


メールアドレス:
名前(HN可):