■バレー初心者向け講座を始めました♪
現在ジャンプ力を上げるポイントをまとめたレポートを
プレゼントしようと作成中です。
  後日の配布にはなりますが宜しければご登録お願い致します(*´ω`*)ゞ
(メルマガの内容についてはコチラをご覧ください^^)


メールアドレス:
名前(HN可):


Q:私はスパイクのミートが上手くできず、対人やシートレシーブの打ち手をするのが苦手です。
  そこで、スパイクのミートを良くする練習方法はありませんか?
A:ミートはいきなりできるようになることは稀です。
  なので継続的に下の動画のような練習を続けてください。
  そして数をこなすことです。まずは質より量を心がけてみましょう。


《スポンサードリンク》

スパイクのミート練習は質と量、どちらを高めるべき?

ミートはスパイクの基本テクニックの一つです。
また、練習中、学年があがるにつれて打ち手をする機会も増えると思います。
そうすると、やはりスパイクミートが苦手だと打ち手である自分も嫌ですし、ボールを受ける相手も取りにくいボールや変なところへボールを打たれて集中力を欠いてしまう原因にもなりかねません。

壁打ちは体育館であればボール一つで出来る練習ですのでどんどん数をこなしてください。

まずは練習の質より量を確保しましょう。
そしてある程度できるようになったら質も確保していきましょう。

最初から質を求めてしまうと数をこなせなくなります。
どんなに質の高い練習であっても、結局はある程度数をこなさないと上達しませんし、質を高めるまでに結局数をこなす羽目になります。

そうであれば、質はとりあえず置いておいて、先に数をこなしてみる。
そして上手くいかないところがあれば一度立ち止まり考えてみる。
その上で自分で考えた原因をフィードバックして改めて練習をしてみる。
というプロセスを何度も何度もやってください。

時には友人や先輩、顧問、コーチに自分のフォームはどこが悪いのか聞いてみると良いですよ。
自分で思っているフォームと他人から見ているフォームが全然違うってこともザラにあります。
自分のフォームを正しく認識したければ、自分以外の他人に見てもらってください。
あとは、大きな鏡の前でミート練習をしてみるとか、最近なら携帯やスマホから動画を撮影してもらってください。
撮影してもらうときは30秒~1分くらい撮ってもらい、必ず横と正面(もしくは後ろ)からと2面分撮ってもらってください。

いきなりできちゃった!なんて人は天才のようなものです。
凡人はいきなり出来ないので、数をこなして泥臭くやっていかないと上達しません。

天才と思われている人も、見えないところで他の人より努力しているものです。
例えば、野球のイチロー選手とか、バレーなら越川選手(毎日100本以上ジャンプサーブを打っていたとか)のようにです。
もっとキツイ言い方をすれば、自分より才能のある人が自分以上に努力しているのに、自分はこの程度の練習量で良いのか?と自分自身を追い込むことです。
ただし、オーバーワークになり過ぎない程度に気を付けましょうね。

ミートの下手な人と対人をするときの心構え!

ちょっと話はそれますが、ミートの悪い人と対人をするとレシーブがし辛くないですか?
ある時は無回転で飛んできたり、ある時は左右にぶれていたり、ミートした!と思ったら自分の手前でストンと落ちたり”笑”
つまり、どんなボールが来るか予想がつかないんですよね。

だから対人レシーブのはずがボールが続かず精神的にも体力的にもしんどい思いをします。
だからって相手を責めても意味がありません。
むしろ、一緒に成長しようという。
教えてあげようと思ってください。

ミートが下手な人との対人練習は貧乏くじを引いたような気にさせられます。
でも、前向きに、ポジティブに考えてみると、どこにくるか、どんな回転のボールがくるか分からないボールを打ってくれる貴重な存在です。
全く取れない位置に打たれたとしても、相手のクセからどこにボールが来るのか。
また、相手の手の形や腕の振りからどこにボールが飛んでくるだろうかと予測するようにするだけで、ただ対人レシーブをしているときより経験値を積めます。

通常の対人レシーブであれば、綺麗なドライブがかかって相手の取りやすい位置に打ち合いっこしますから、まさしくアップにしかなりません。でも、ミートの下手な人とやる場合は常に集中していられます。だからって、もし自分がミートの悪い選手で迷惑をかける時があるとしても、居直らないでくださいね!

このように、どこにくるかわからないようなボールを打ってくる人とやる場合、それはある種、試合を想定しての対人レシーブをしているともいえます。
ミートの悪い方には申し訳ないですけど、ミートが悪い方にも良い点があるんだよということをフォローしたつもりです。私も初心者の頃、散々迷惑かけましたから^^

ミートが上手くなるために気を付けること

以上の話をまとめます。
ミートを上手くするためには、今一度鏡やビデオで自分の腕の振り(軌道)を確認してみてください。鏡やスマホといった客観的に自分のフォームを確認する方法がない場合は、友人や先輩、顧問やコーチにお願いして何度も見てもらってください。

ミートが良くならない理由やフォーム上の悪い点があればそこを指摘してもらい、良い点があればそこも指摘してもらってください。そして、同じように誰かのフォームを見る時は悪いところだけでなく、良い点も見つけてあげられると尚良いですよ。

腕の軌道も大切です。
一番ボールに力の伝わりやすい軌道をとっているか、体に負担のかからない腕の振りをしているのかを確認し、なっていなければ修正するということを繰り返してみてくださいね^^

まとめ

・ミート上達の秘訣は他人に見てもらうこと
・自分のフォームを第三者に見てもらう
・撮影機材(スマホなど)があれば撮影してもらう
・心構え次第で、ミートの悪い人との対人練習では実戦並みの経験値が得られる!

《スポンサードリンク》

■バレー初心者向け講座を始めました♪
現在ジャンプ力を上げるポイントをまとめたレポートを
プレゼントしようと作成中です。
  後日の配布にはなりますが宜しければご登録お願い致します(*´ω`*)ゞ
(メルマガの内容についてはコチラをご覧ください^^)


メールアドレス:
名前(HN可):