サーブを打った後に自分がどこに移動したらいいかわからない

ワールドカップが明けてから
久しぶりの更新となってしまいました^^;

本日はこのようなご質問を受けたので
私なりに回答いたします!!

質問「サーブを打った後に自分がどこに移動したら良いか分かりません」
☆コラム☆
《スポンサードリンク》

サーブを打った後にすることとは?

サーブを打つということは
次に相手チームからの返球があるということです。

ということはレシーブをするために
コートに入らないといけません。

質問をくださった方のポジション等、
詳しいことは分からないので
以下はポジションがレフト、センター、ライトである場合を
想定して書きます。

図があった方が分かりやすそうなので
簡易的な図を用意してみました。
略語は正式なものかわかりません。
あくまで俗称を表記しているに過ぎませんので^^;

コート図
※1
FLは前衛レフト、BLは後衛レフトです
便宜的に用意したものなので
サーブを打ち終わった後、各自のポジションに
移動した状態を表記してあります。

※2
赤い数字はサーブを打った後につくべき
レシーブ位置を表しています。

ポジション別レシーブ位置の取り方

【レフトの場合】
レフトの選手は基本的に上図①のポジションへ移動します。
①の場所はチームによってはもう少し前へ出たり、
アタックライン位置まで上げてしまうことがあります。

なので、どのポジションにも言えることですが、
チーム内で話し合って大体の位置取りを
確認しておきましょう。

後衛レフトの役目はフェイントの処理
(チームによっては前衛レフトに任せている所が
多いかも)、
クロスの強打レシーブをすることです。

【センターの場合】
センターは②の位置、つまりバックライン辺りに
いることが多いです。

基本的にブロックに当たったワンタッチボールや
足の長いスパイクを拾うのが役目です。

たまにブロックが割れているときに
ストレート側(③側)に寄ったり
強烈なワンタッチボールを警戒して
アタックラインより後ろで構えたりします。

【ライトの場合】
ライトは③の位置に移動してフェイントと強打の
両方を拾わなければなりません。
この点はレフトと変わりません。

しかし、ライトで特殊な場合があります。
それはセッターがバックライトに入っている場合です。

セッターがバックライトに入っていても
基本は同じように強打とフェイントを警戒して
レシーブを構えます。

しかし、セッターはできるだけ早く
ネット際に上がりたくなります。

なので、チームによっては
ライト後衛にいるセッターをフェイント処理のみにあて、
強打はセンタープレーヤーに任せるという
場合もあります。
この場合、全衛レフトは①へ、
①のレフトは②へ、②のセンターは③へと
扇状に移動することになります。

基本を忘れないこと。そして応用へ

以上の通り、基本的にはチームのレシーブ隊形に
よってサーブを打った後に移動すべきポジションが
少し違ってきます。

ですが、基本的なフォーメーションであれば
以上のように①・②・③あたりにいればOKです。

但し、状況に応じてセンターのカバーに入ったり、
自主的に考えて行動する癖をつけましょう。
動きすぎることもチームの迷惑になりますが、
動けなさすぎるのもチームの迷惑になります。

失敗を恐れず、まずはトライしてみることです。
失敗から学ぶことは多いのですから^^
《スポンサードリンク》