足が冷えて寝れない時の便利グッズをご紹介♪『マツコの知らない世界』冷え対策グッズもご紹介♪

あんか・ウォーマー

家電サイトで足の冷え性対策?
と思われるかもしれませんが、足が冷えて寝れない時の便利グッズに小型家電があるんです。

そこで、今回は小型家電という括りも含めて、足が冷えて寝れない時の便利グッズをご紹介します。

また、人気テレビ番組で私も良く視聴している『マツコの知らない世界』で紹介された冷え対策グッズもご紹介します♪

足が冷えて寝れない時の便利グッズ4選

早速足が冷えて寝れない時の便利グッズを4つ紹介します。

商品によって特徴があるので、自分が使いやすいと感じるものがどれか、しっかりとチェックしてくださいね。

電気の力で温める『あんか』


一昔前はお湯をいれた湯たんぽを使っていたかと思いますが、今では電気あんかにとってかわられた印象です。

気の力で温める「あんか」は、シンプルなデザインや機能が特徴的な冷え対策グッズです。

本体は500gとペットボトル飲料と変わらない軽さで、29㎝×25㎝×3㎝とコンパクトですが、かなり温まります。

また電気なので湯たんぽと違い、途中で冷める心配もありません。

ただし電気だからこそ、気になるのは電気代ですよね?

あまりに高いと使うタイミングを選ばないといけないですが、下記に掲載している『あんか』は1時間でたったの0.2円になります。

しかもこのお値段は、強モードの時の電気代になるので、弱で使えばさらに安くなります。

電気代も安く、どこにでも持って行ける大きさで温かさも十分な点を考えると、1個は持っておきたい冷え対策グッズです。

また、電気あんかには箱型のタイプとマット型のタイプがり、下記商品はマット型になります。

箱型のタイプは小型なので、一人で寝る時は良いのですが、例えば寝相が悪いといった方には下記のマット型の『あんか』の方が使い勝手が良いですよ。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥6,480 (2021/12/06 21:33:57時点 Amazon調べ-詳細)

中国製で良く見かける箱型の『あんか』だと、ころころして扱いづらい時があるので、上記の平たいタイプをおススメします。

ちなみに、コンセントと『あんか』との間に、こちらのタイマーを挟めば『3時間で切る』といったこともできるようになるので、一台あると便利です♪

『寝るときの足の冷えない不思議なくつ下』


寝る時に電化製品はちょっと怖いという方には、足の冷えない靴下をはいてみると良いですよ♪

でも、寝る時に靴下をはくと蒸れてしまうのでは?

汗ばんでしまったり、熱すぎたりするのではと思いますよね。

この点、寝るときの足の冷えない不思議なくつ下は、断熱素材を使いながらも湿度の調整はしっかりとできる蒸れにくい靴下です。

長さはハイソックスタイプなので、ひざ下まで温かさを感じられます。

この断熱素材ですが、具体的には断熱エアヒート構造を採用しています。

中に空洞があるため温かい空気を保持しやすく、冷気を肌に触れさせないようにできるので、とても魅力的な製品なんです。

また類似品と比較すると、もこもこしすぎず、足への違和感も少ないので眠りの妨げになりにくいです。
冬も快適に過ごしたいけど手間なく温かさが欲しい人は、履くだけの靴下が便利です。

フットウォーマー TWONE

一見、最初にご紹介した電気あんかと何が違うのかと思ってしまいますよね。

実は、この『フットウォーマー TWONE』は、この製品自体に足をすっぽりと入れられる構造になっているんです。

毛布のようなイメージでしょうか。

また、温度調節ができる足元温めグッズでもあります。

足を入れるタイプでよくあるのが、足の裏は温かいけど足の背の部分から冷たい空気が入ってきて意外と冷えるという問題ですよね。

しかしフットウォーマー TWONEなら、両面から温めるので冷えの心配はいりません。

加熱保護もしっかりとしているので、低温やけどのリスクも少ない点も魅力ですね。

さらに温度が6段階に調整できるだけでなく、タイマーは4段階でセットできます。

最大12時間まで温められるので、オフィスなど足元が冷えがちなところで使うといいですよ。

もちろん、冷え性で寝つきが悪いという方にも使っていただきたいなと思えるフットウォーマーです♪

ここでもう1つ気になるのは電気代ですよね。

両面から温められる分1時間当たり高額になるのではと思いましたが、0.3~0.5円とかなり良心的なコスパになります。

洗濯もできて衛生的に使えるので、足元の温かさが欲しい人にはおすすめですよ。

Zenoplige ホットマット

厚さはいらないものの首周りや腰などの暖が欲しい時は、『Zenoplige ホットマット』がおすすめです。

湯たんぽやあんかと違い、床に敷いたり身体にまとったりと様々に使用できるのがポイントになります。

機能ですが、温度調節は6段階、タイマーが4段階ついているので便利です。

また手洗いであれば水で洗えるのも嬉しいですよね。

そしてサイズ展開も豊富で、最大40㎝×76㎝になるのでペット用としてもぴったりです。

使うタイミングを選ばないので、色々な使い方を考えている人は目的にあった使い方ができるのも特徴です♪

寝る時にも使えるだけでなく、起きている間は足元を温めるアイテムとして、そして寝る時はそのままお布団まで持って行って『あんか』代わりとして使うこともできます♪

『マツコの知らない世界』で紹介された冷え対策グッズ

マツコの知らない世界で紹介された「毛布のような靴下」も見逃せないですよね。

男女ともにラインナップがあるので、家族分買っておくことができるのは嬉しいです。

実際の機能性ですが、裏起毛なので温かいだけではなく毛足の長いじゅうたんの上を歩いているかのようなフワフワ感を感じられます。

また、もこもこしていますが、転倒防止のためすべり止めがついているので安心です。

さらに足首ですが、程よい締め付けがあるので歩いているうちに靴下がずれたり下がることもありません。

とりあえず履いておくというように自然と身に付けたくなる特徴がそろった靴下になります。

また類似品として「靴下サプリ」というものもあります。

ふくらはぎ部分の布地にゆとりがあるので、ハイソックスの長さまで伸ばしたり縮めたりできます。

さらに足首にある三陰交というツボを刺激することにより、身体の内側から温かさを確保できるのは良いですよね。

明治医療大学と共同開発されただけあり、身体の中の巡りも良くしたい人にはピッタリになります。

カラーラインナップが豊富なだけでなく、レッグウォーマーや寝るとき用など様々ありますので、目的に応じたものをチェックしてみてくださいね。

足が冷えて寝れない時の便利グッズをご紹介♪『マツコの知らない世界』冷え対策グッズもご紹介♪まとめ

今回は、電化製品としての『あんか』だけでなく、通常のフットウォーマー的な足の冷えない靴下も紹介させていただきました♪

入眠できない原因は様々あるものの、冬場の入眠障害の原因の一つは足の冷えにあったりします。

足をポカポカさせるグッズも様々ありますが、電化製品はちょっと合わないという方もいらっしゃると思い脚の冷えない靴下もチョイスしてみました♪

特に足の冷えない靴下は電気代もかかりませんし、気軽に試せる便利アイテムです♪

今回登場したアイテム一覧

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥6,480 (2021/12/06 21:33:57時点 Amazon調べ-詳細)