ZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器の評判をレビュー♪

kaisya

糖質カット炊飯器ZHENMI(シェンミ)は超大手メーカーのECサイトで人気を博した糖質カット炊飯器なんです♪

ご飯は美味しいけど、糖質制限をしているときに食べたくなっても食べられない代表的な食べ物でした。

ですが、ZHENMI(シェンミ)を使えば糖質カットができるので、無理なく糖質制限ができますね♪

そこで、今回は、糖質カット炊飯器ZHENMI(シェンミ)のレビューや口コミから評価評判を検証しました♪

ZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器の評判、口コミを徹底検証!


ZHENMI(シェンミ)のアマゾンにおける評価数は、本記事執筆時点で17件ありました。

まだ販売登録されてから間もなく、また、主に公式サイトでの販売を主軸としていることから、アマゾンでの評価数は少なめという状態です。

ですが、総評価は星4.3とかなり高く、群雄割拠している炊飯器のランキングでも現時点で50位以内にランクインしているんですよ♪

評価の内訳は以下の通りです♪

★★★★★・・・59%
★★★★・・・・32%
★★★・・・・・0%
★★・・・・・・0%
★・・・・・・・9%

ZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器の残念な評判、口コミ

星1をつけた方がお一人いらっしゃったのですが、評価だけつけてレビューは投稿されなかったようです。

ほとんどの方が高評価に投じていることから、総じて評判が良いということの裏付けとも言えますね^^

ZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器の良い評判、口コミ


こちらはZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器に高評価をつけた方のレビューです♪

在宅ワークになり体重が増えました。糖質制限と言っても食材を買ったり調理したり大変です
そこでこの商品を見つけ即決で購入しました。
食べる量は減らさずに無理なく糖質制限出来て味も満足です。
ご飯以外にも食材を蒸して調理出来るのも良いです。引用元シェンミ公式ホームページより

最近のダイエットの流行りとしては、がむしゃらに運動して痩せるというより食事を見直して、糖質を抑えていくタイプがはやっています。

実際、私も糖質制限をしていたことがあるのですが、ほっぺの余分なお肉がスッと消えたんです^^;

え、糖質制限ってこんなに効果あるのかと驚いたのを今でも覚えています。

ですが、その時課題だったのは、ご飯が食べられないこと。

仮に食べたとしても、少量に抑えるようにしていました。

今思えば、ZHENMI(シェンミ)の糖質カット炊飯器がもっと早く出ていればムリなく、ストレスなく糖質カットのお米を食べることができたのにと思います。

こちらのレビュアーさんも糖質制限をされているようで、ご飯の量を減らさずに糖質制限ダイエットが上手く行っているようですね^^

ご飯以外にも食材を蒸したりと料理の幅も広がるので、糖質カット炊飯器といっても汎用性は高いですね♪

家族に糖尿病予備軍がいるので、今では糖質コントロールのレトルトごはんを購入していましたが出費もかさむので購入しました。
米の炊き上がりはツヤもあって見た目は普通のご飯と変わらず美味しそうです。
肝心のお味はというと、私は少しお米の甘みが少ないかなー??と感じました。
でも家族は普通のご飯との味の変化がわからなかったようで、、、とても美味しく食べられたようです(笑)
引用元シェンミ公式ホームページより

レビュアーさんの中には糖尿病予備軍ではなく、既に糖尿病という方もいらっしゃいました。

実は私の父は糖尿病で、あと一歩でこの世を去る手前まで病状が進行していてこともあり、私の実家では糖質カットの晩御飯が当たり前だったんですね^^;

最初の内は、まだ学生だったこともあり味気ないなぁと思っていたのですが、食べるうちに慣れてしまいました。

糖質の少ない料理や味に慣れるだけでなく体も健康体質になれたのは、父のケガの功名とも言えます(笑

シェンミのお味は、やはりうま味成分ともいえる糖質を約50%近くカットしてしまうことから、多少落ちてもやむを得ないでしょう。

通常のご飯と全く同じお味を再現するのは、現在のテクノロジーでは難しいはずです。

それでも、こちらのレビュアーさんのご家族は味の違いがあまり分からなかったようなので、かなりのクオリティで糖質カットご飯を食べられるということですね^^

他のレビュアーさんの中には、保温が切れて冷めるとマズくなるという点を欠点に挙げている方もいらっしゃいました。

ですが、冷めてマズくなってしまう炊飯器は結構多いんですね^^;

安い炊飯器がその代表例です。

ですが、シェンミの糖質カット炊飯器は、糖質をカットしているのですから、多少味が落ちてしまうのは仕方がないと思います。

それで、温かい状態であれば遜色のないお味で食べられるので、糖質制限を積極的にしていきたい方にはマストなアイテムといえますね♪

ZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器の性能と特徴・魅力

ZHENMI糖質カット炊飯器の性能と特徴・魅力を説明します。

この製品だからこその部分を知れば、買う際に不安にならずに済みます。
購入前に参考にしてみてください。
>>>ZHENMI(シェンミ)X6公式サイトはこちら

ZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器の性能

ZHENMI糖質カット炊飯器の性能は次の通りです。

容量:3合
ワット数:800W
最短炊飯時間:22分
炊飯手順」煮る⇒湯切り⇒蒸す
機能:最大12時間タイマー、糖質44%カット、カロリー43%カット、シンプル設計

ご飯を炊くだけではなく、糖質やカロリーカットができるのは嬉しいですね。

機能はシンプルな分、操作も簡単でお手入れも難しくない点はZHENMI糖質カット炊飯器だからこその性能になります。

反面、一度に炊けるご飯の量が3合までとなっています。

一人・二人暮らしならちょうど良いかもしれませんが、4・5人家族となると・・・と思うと、今後は5合炊きくらいまでできるモデルも出してほしいですね^^

現状は3合で我慢です。

ZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器の特徴・魅力

ここではZHENMI糖質カット炊飯器の特徴・魅力を解説します。

他の炊飯器との違いがよくわからない人ほど、購入前にチェックしてくださいね。

ご飯に含まれる糖質を減らせる♪

ZHENMI糖質カット炊飯器は、ご飯に含まれる糖質を減らせるので健康的です。

なぜなら湯切りの工程があるので、糖質が溶け込んだ水分まで一緒に食べずに済むためです。

通常の炊飯器はこの煮汁も一緒に炊くので、糖質が高くなりがちです。

そのため糖質制限中の人はどうしても白ご飯を避けてしまいがちになります。

ですが、ZHENMI糖質カット炊飯器なら、糖質を44%もカットできるので安心です。

糖尿病予備軍の方や健康志向の方だけでなく、スポーツをしていてあまり脂肪を付けたくないという方にも使ってみて欲しい炊飯器です♪

なぜご飯の糖質が悪いと言われるのか?

なぜご飯の糖質が悪いと言われるのかというと、血糖値が急上昇するためです。

血糖値が上がれば身体は危機を感じ、すい臓から血糖値を下げる効果のあるインスリンを出します。

このインスリンが大量に出すぎて低血糖を起こし、結果的に身体は脂肪をためやすくなってしまうんです。

しかし糖質は全くなければ脳のエネルギーが不足し、健康上よくありません。

程よい糖質は必要である点を考えると、すべての糖質をカットしきらないZHENMI糖質カット炊飯器は優秀ですね。

糖質が減っても美味しさは変わりません

ZHENMI糖質カット炊飯器で炊けば、糖質が減っても美味しさは変わりません。

糖質カットやカロリーカットと聞くと、味は大丈夫か心配になりますよね。

煮汁を捨てるだけなので米本来の美味しさは損なわれず、お粥にしても美味しく食べられます。

美味しさも健康も両方に必要だと感じている人はおすすめですよ。
>>>ZHENMI(シェンミ)X6公式サイトはこちら

スタイリッシュなデザイン

ZHENMI糖質カット炊飯器の大きな特徴として、スタイリッシュなデザインも挙げられます。

四角いシンプルな見た目は、インテリアコーディネートの邪魔をしません。

ボタン配置もすっきりとしていて、大きすぎないサイズ感もデザインをよりひき立たせます。

毎日使うものは使いやすい場所に置きますよね。

使いやすい場所に置くということはよく目にするということでもあります。

そこに、無骨な物があれば気分がションボリしてしまいますが、反対に綺麗な、スタイリッシュなアイテムがおいてあれば室内での気分も高揚します♪

その点、ZHENMI糖質カット炊飯器はデザイン性も悪くありません♪

雑穀米やおかゆまでできちゃう

ZHENMI糖質カット炊飯器は、雑穀米やおかゆまでできるという特徴があります。

また肉や魚、野菜も蒸せるので料理の下ごしらえにも便利です。

さらに調理だけではなく、102度の高温で蒸せることから、哺乳瓶や食器などを蒸気で洗浄できます。

炊飯器というと調理器具でしかないイメージですよね。

しかし蒸し器としての側面もあるのがZHENMI糖質カット炊飯器なので、家電をたくさん置きたくない場合はぴったりですよ。

炊き込みご飯は作れる?

ZHENMI糖質カット炊飯器で炊きこみご飯を作ることは可能です。

もちろん炊き込みご飯でも蒸す機能は働くので、糖質カットした炊き込みご飯が作れるのは嬉しいですよね。

またそもそも食材だけ蒸すのも可能なので、きちんと火が通るのかの心配もする必要はありません。

ボタン一つで炊き込みご飯まで作れるのは嬉しいですね。

糖質カットなしの通常モードはあるのか?

糖質カットなしの通常モードがZHENMI糖質カット炊飯器にあるかというと、2021年9月現在のところ実装していません。

糖質カットが魅力の炊飯器なので、その機能に特化しています。

ただし味は普通のご飯とかわらない美味しさなので、そこまで気にする必要はないですよ。

お粥モードに関しては糖質カットの機能が働かないので、どうしても糖質が欲しくなったらお粥で食べることをおすすめします。

シェンミは普通のお米の炊き方と違う?

通常の炊飯器なら、まずお米を水でといで、お釜にセットしてスイッチを押すだけですよね^^

この点、糖質をカットできるという特殊な炊飯器であることから、手順に違いがあるのでしょうか?

結論からいうと、基本的な手順に違いはありません。

というか、販売サイトでは洗ってすらいないんですよね^^;
この点は洗ってから入れても問題はないでしょう。

洗う際はササっと洗いましょうね。

また、ちょっと特殊な部分があるとすれば、お米を入れる前に『内釜パッド』というものを一枚しいて炊き始めます。

それ以外は普通の炊飯器と一緒です♪

高温の蒸気で一気に炊き上げる

ZHENMI(シェンミ)は、実は炊くというより、蒸すんですね。

蒸すことでお米の糖質を引っ張り出してお湯とともに捨てます。

だから糖質カットの白ご飯が炊けるんです。

で、この蒸す時間なんですが、通常の炊飯器だとお米を浸してから炊き上げるまで30分~40分くらいはかかってしまいますよね。

ですが、ZHENMI(シェンミ)なら最短22分で炊き上げることが出来ます。

ただし、これは沸騰してから22分なので、内側で沸騰する時間が含まれていない点にはご注意ください。

予約タイマーで12時間後に炊き上げ

朝起きて炊き立てのご飯を食べようとすると、早起きして炊かないといけないですよね。

そんなの正直いってかなり面倒です^^;

ですが、ZHENMI(シェンミ)の糖質カット炊飯器なら、最大12時間の予約タイマーが付いているので、例えば寝る前にセッティングして、炊き上げる時刻を設定しておけば、自動的にお米が炊きあがります^^

そうしたら、朝早起きせずとも自然に糖質オフのお米が炊きあがっているので、かなり便利で楽ができますよ♪

しかも朝から糖質オフの食事がとれる点も魅力です♪

食感は水加減で微調整

炊飯器の一番難しいところは水加減です。

普通の炊飯器ですら、水のほんのちょっとした量の変化で固すぎたり柔らかすぎたりと変化します。

さらに玄米などを混ぜたら、それはそれでお水の量を下限しないといけません。

ですが、逆に考えると、お水の量を調整することで好みの固さに調整ができるということです。

この点、ZHENMI(シェンミ)は糖質をカットできる特殊な炊飯器と思われているかもしれませんが、やはり炊飯器であることに変わりはありません。

ですので、ZHENMI(シェンミ)で炊いたお米を好みのかたさにするために、最初の2・3回は試行錯誤してみた方が良いと思います^^

TBS『ラヴィット』で紹介された糖質カット炊飯器

実は、シェンミはTBSの人気番組の『ラヴィット』でも紹介された炊飯器なんです♪

テレビ局ってかなり慎重にアイテムを選ぶので、ここで選ばれているということ自体凄いことですね。

しかも、少し前にツイッターでシェンミのプレゼントキャンペーンをやっていたようです♪

あまり聞かないメーカーだから、つい奥手になってしまいますが、TBSで紹介されていたというのは安心材料になりますね♪

・・・で終わらないのがシェンミ糖質カット炊飯器の凄いところなんです。

実はこれ、フジテレビの朝の人気番組である『めざましテレビ』でも紹介されています♪

『めざましテレビ』もずっとやってる人気番組(ニュースと言っていいのかな^^;)ですよね♪

ツイッターに写真載せている方がいらっしゃったので引かせていただきますね^^

味が買わないっていうのがスゴイですよね。

糖質落としちゃってるのに^^;

将来糖尿病が怖い方は今からシェンミでご飯を食べる習慣をつけても良いかもしれませんね。

というのも、父が糖尿病になったので、糖尿病食がどんなものか、どのくらい食べ物に気を付けているのかということを知っているんですが、お茶碗によそったご飯が何グラムあるか、毎回計ってるんですよ。

1単位という言い方をするんですが、規定以上食べるとすぐ体調が悪化してしまうため、きっちり計っていました。

さらに、寝坊してご飯を食べそびれた・・・というのもNGなんです。

さらに毎日インシュリンの注射もうって、血糖値を計測して、食事に気を使って・・・

こうなる前に、糖質制限の習慣をつけておいた方が、健康で長生きができますし、いざ食べたいと思ったときに食べたいものを食べられるようになります。

>>>ZHENMI(シェンミ)X6公式サイトはこちら

ZHENMI(シェンミ)はどこの国の会社?

最後にZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器がどこの国の会社なのか調べてみました。

詳細はこちらの記事に書きましたので、興味があったらご覧ください♪

ZHENMI(シェンミ)はどこの国の会社?会社概要や公式ホームページはある?
ご飯が好きだけど糖質が気になって食べられないという方向けに、糖質を減らせる炊飯器のZHENMI(シェンミ)X6が出ています♪ 国内メーカーっぽい名前ではないのでどこの国の会社なのか。 そして、ZHENMI(シェンミ)の会社概要や公式ホームページがないか調べてみました♪

ZHENMI(シェンミ)糖質カット炊飯器の評判をレビュー♪まとめ

ZHENMI糖質カット炊飯器が1台あるだけで調理だけではなく、蒸気で洗浄もできるため便利です。

炊き込みご飯も作れることから、レパートリーの幅が狭まる心配がないのは嬉しいですよね。

お手入れもしやすいシンプルな設計なので、炊飯器を買い替えるタイミングの人はZHENMI糖質カット炊飯器でヘルシー生活を始めるチャンスです♪

ちなみに、公式サイトで買うと保証期間が延長されます。

価格は大手ECサイトと変わらないので、公式サイトから買うのが保証期間が延びてお得になります♪
>>>ZHENMI(シェンミ)X6公式サイトはこちら