パナソニックスチームオーブンNE-BS907の口コミ・評判は?NE-BS907のレビューや類似品も検証♪

レンジ

パナソニックのスチームオーブンといえばビストロシリーズが有名です♪

冷凍のまま温めて調理ができたり通常のレンジの上を行くシリーズとして人気ですよね。

今回は、パナソニックスチームオーブングリル『NE-BS907』の口コミや評判を調べてみました。

また、『NE-BS907』の性能や特徴、類似品(上位・下位機種)との比較まで掲載しています♪

パナソニックスチームオーブンNE-BS907の口コミや評判は?


パナソニックのビストロスチームオーブンNE-BS907の口コミやレビューから評価・評判を見ていきましょう♪

現時点でのアマゾンでの評価は21件と少なめでした。
まだ発売からそこまで日が経っていないためかと思われます。

アマゾンでの評価は星4.1と高めの評価でした。
星の内訳は以下の通りです♪

★★★★★・・・60%
★★★★・・・・20%
★★★・・・・・6%
★★・・・・・・0%
★・・・・・・・14%


評価としては星4以上が8割と上々の評判です♪
さすがパナソニック!といったところですね^^

パナソニックスチームオーブンNE-BS907の悪い口コミや評判

ですが、残念ながらパナソニック製といえど低評価レビューもありました。
そこで、まずは低評価レビューを確認しておきましょう。

2016年夏に、このシリーズの過去モデルであるNE-BS802を購入しました。
機能的な不満はなかったのですが、2020年夏にマグネトロンという電子レンジの中核部品が故障しました。
修理費用が数万円であること。修理期間中、生活パターンの違う家族の食事温めなど日々の生活に支障があることから、すぐに別のメーカーに買い換えました。
その前の電子レンジ(オーブン付き)は、10年以上使用できたため、たった4年での故障にとても驚きました。
引用元アマゾン『NE-BS907』より

このレビュアーさんのみ星1という投稿をされていますが、購入したのは4年前のモデルでした。
しかも、一応4年間は使用しています。

とはいえ、4年で壊れるとは、という点は共感できますね。

ですが、これは製品の個体としてハズレを引いた可能性が高いと思われます。
もしくは使用回数がハードで部品がもたなかったか・・・。

すくなくとも、新製品である『NE-BS907』のレビュー欄に記載すべき事柄ではないように感じます。

過去モデルで既に露見している脆弱性といった部分は改修済みでしょうし、何より製品が違います^^;

そうすると、実質的にこのレビュアーさんの評価を除いて星を算出した方が良いということになります。

パーセンテージの割合が動いてしまいますが、実質的に見て『NE-BS907』の評価は9割が星4以上といっても差し支えないものと考えます。

パナソニックスチームオーブンNE-BS907の良い口コミや評判

次に高評価レビューを見ていきましょう。

今までの古いオーブンに比べて短時間で温めることができ、時短調理に役立ちます。
シフォンケーキやパンもよく焼けました。ゆで卵や温泉卵も入れるだけでちょうどよい硬さに。
スチーム機能で茶碗蒸しも手軽にでき、蒸し器や鍋大きな鍋を出さずに済みます。
ただ、野菜の下ごしらえでも大量のスチームが出るので、その都度中を拭くのが面倒です。
引用元アマゾン『NE-BS907』より

時短調理ができるという点や中に入れた物に応じて温度の加減をしっかりしてくれるあたりは流石ビストロのスチームオーブンといった感じですね。

なんでも温められそうです♪

ただ、スチームを出して素材を保護する分、スチームオーブンの仕様後のお手入れには多少手間がかかってしまいます。

ですが、こればかりはしょうがないですよね。
むしろ、手間がどの程度かかってくるのかという点が重要ですし、なにより、手間がかかってもしっかりと美味しく調理できているのか?という点の方が重要です。

冷凍ご飯やコーヒーを温度設定で簡単チンできる機能はすごいです。まだすべて使用しきていれいませんが、
ワンボールすぱげっていはたのしみです。
ひとつだけ高齢者からの欠点をもうしあげると、くらいキッチンで液晶画面が明るすぎて、その下にある取り消し
設定のボタン文字が全くみえません。しかし子供にはみえます。このボタン文字が光ればいいのですが、光らない。
商品評価の際は年齢に幅、環境を考えていただきたい。ただ、二つのボタンだけですから、慣れれば問題ありません。
引用元アマゾン『NE-BS907』より

このレビュアーさんはご高齢者様なのでしょうね。

キッチンにビストロ『NE-BS907』を置いて使っているようですが、ボタンの光具合に配慮してほしいとのこと。

このレビュアーさんが悪いという話ではないので、そういう機能設定なんだと割り切るのが良いと思います。

どうせなら両方のボタンを光らせてあげれば良いのにとは思いますが^^;

ごはんやコーヒーは通常の電子レンジでも簡単にチンできますが、ビストロ『NE-BS907』でチンすると最適な暖かさにしてくれるのでしょうね♪
その点は凄く楽しみです♪

NE-BS907の性能や特徴

それでは、NE-BS907の性能と特徴を説明します。
料理が好きな人にとっては充実の機能を知ることで、作りたい料理の幅が広がり楽しみも増えますよ♪

今のオーブンレンジと比較してチェックしてみてください。

NE-BS907の性能


NE-BS907の性能は以下の通りです。


・サイズ:43.5×49.4×37 cm
・重さ:26kg
・容量:30L
・ワット数:1000W
・調節温度:70~300度
・加熱方式:大火力極め焼きヒーター(裏返し不要)
・2品同時調理可能
・スピードエリア加熱
・凍ったままグリル機能搭載
・スチーム機能
・庫内を冷ますコース
・2段コンベクションオーブン
・高精細64眼センサー
・取り扱いメニュー数:290
引用元:アマゾン『NE-BS907』より

高精細64眼センサーは、64の目で料理の温度を0.1秒ごとに検知し、調節してくれる機能になります。

そのため様々な調理法ができるので、次でその特徴について説明します。

NE-BS907の特徴

NE-BS907は性能が良いからこその特徴が様々あります。

その特徴を簡潔に言うと、調理がより時短になっただけではなく手間いらずで誰でも簡単に作れるようになった点です。

昔のオーブンレンジのように、何分かごとに生焼けじゃないかなどいちいち確認する手間がなくなり、自動で火加減を調節してくれます。

また電子レンジで幅広く調理ができれば、余計な油を使うことなく料理が出来上がるので健康的です。

機能が調理をサポートすることでこんなに簡単に料理ができるなら、ただ温められればいいで終わるのはもったいないですね。

凍結した食材をそのまま温められます♪

NE-BS907には全解凍、半解凍機能が付いていない代わりに、凍ったままグリルという機能が付いていて便利なんです。

これは凍った食材を解凍することなく、そのままNE-BS907なら完成させることができます。

一瞬全解凍、半解凍がついてないんじゃ不便かもしれないと思いますが、そもそもその手間を省いているので調理の負担が楽になるメリットがあります。

また、普通のレンジだと、食材が一部だけ解凍されてしまい、食べてみると中はまだ冷たかったり、食感がイマイチだったりすることもあります。

ですが、『凍ったままグリル』機能なら適度の温めてくれるので、食感が微妙とならず最適な状態に温めてくれるんですよ♪

ワンボウル調理に対応♪

『NE-BS907』は、ワンボウル調理に対応しているので料理が苦手な人でも簡単に1品作ることができます。

料理って切るだけでも面倒ですが、調味料をあらかじめ混ぜておいて、火を通した後にタイミングよくからめてなど作業が多い分苦手と感じる人も多いです。

しかし、NE-BS907ならボールの中に調味料と食材を入れてボタンを押せば、ちょうどいい火加減で美味しい料理が出来上がります。

もう一品欲しい時に便利で魅力的ですよね♪

こんがり焼けるスピーディーグリル機能

オーブンを使うと焼きムラを心配してひっくり返したくなりますが、『NE-BS907』にはスピーディーグリル機能があるのでその心配はありません。

このスピーディーグリル機能は、普通のオーブンと比較して約30%も時短できるにも関わらず裏返すこともなく、料理をこんがり焼きあげる機能になります。

また、何度も焼き加減を確認するためにオーブンを開けたり閉じたりしないので、庫内の温度を下げることなく一定の状態を保てるのも魅力です。

パン作りなど温度調節が重要な料理でも安心して作れますよ。

充実のスチーム調理機能

スチーム調理機能は今やどのオーブンレンジにもついていますが、『NE-BS907』も例外なくついています。

正直、この機能に関してはどれもいっしょだと思っていませんか?

『NE-BS907』では茶碗蒸しや中華まんの温めはもちろんのこと、温泉卵や茹で卵も作れます。
しかも水なしで、グリル皿に並べるだけで出来てしまうんです。

電子レンジで卵を温めると爆発すると言われていた時代が懐かしくなる、最強の機能ですね。

オーブン機能でお菓子も作れる♪


オーブン機能があるならお菓子やパンを手作りしたいという人でも、大満足のオーブン機能が搭載されています。

一時期私はパン作りにはまっていたんですが、そこでありがちなのが火の通りを均一にしたいから2段ではなく1段で焼いていたんですよね。

一人で食べる分には十分な量ですが、誰かに配るとなると何回もオーブンの予熱を確認して焼いてを繰り返さなければならず大変でした。

しかし『NE-BS907』なら熱風をしっかりと循環させるだけではなく、そこにスチーム機能も組み合わせることでお菓子ならよりふんわりを追求できる特徴があるんです。

醗酵機能があり30~65度まで調節できるので、パンを作る際も一般的なドライイースト以外のイースト菌に挑戦でき、楽しみも広がりますよ♪

ビストロの便利な様々な機能

その他にもビストロ『NE-BS907』には様ざまな便利機能が付いているので簡単にご紹介します♪

2品同時温めで簡単時短♪

通常、電子レンジで温める際は1品ずつ温めないと火の通りが上手くいかず、一部分だけ温められて他は冷たい、なんてことになってしまいます。

火の通しのバランスが難しかったんですね。

『NE-BS907』ではレンジのマイクロ波を独自技術の3Dアンテナで調節してくれるので、庫内に2品置いたとして両方がちょうど良い温度になるようにしっかりと温めてくれるんですよ♪

それが、『2品同時温め機能』なんです♪

レトルトそのまま温め機能♪

レトルト食品というと、お鍋で温めるかレンジで温めるなら一度お皿に移すといった手間が生じます。

ですが、『NE-BS907』なら缶詰、レトルト食品をそのまま温めて大丈夫なんです。

時代は変わりましたね・・・(笑

これによって今までかかっていたひと手間を省くことができるので、この点でも時短調理が可能になりました♪

庫内を冷やしてくれるコースが追加!

電子レンジ料理にチャレンジしていると、どうしても中に水蒸気がたまって庫内に水蒸気が付着します。このお手入れがちょっと面倒なんですよね^^;

『NE-BS907』では、温まってしまった庫内をファンを回すことで冷却してくれるんです。

もっとも、ファンで冷却するので瞬間冷却!とまではいかない点には注意が必要です。
従来の3分の1くらいのスピードで庫内の温度が下がる程度にお考え下さい。

どんな料理にも対応

平たく言うと、『NE-BS907』はお肉でも魚でもなんでもござれ!です♪

角皿も2枚ついてくるのでお菓子作りもしやすいんですよ♪

NE-BS907とNE-BS2700の機能を比較検討

NE-BS907とNE-BS2700の機能を表にまとめました。

 最新型『NE-BS907』最上位モデル『NE-BS2700』
特徴焼く・煮る・蒸す・揚げるにこだわった高性能モデル。タッチパネルで毎日の料理が楽しくなる!スマホ連携最高峰モデル
庫内容量30L30L
オーブン温度70~300℃70~300℃
2段調理
センサー高精細・64眼スピードセンサー高精細・64眼スピードセンサー
センサーの特徴ワンボウルメニュー64の眼で食品の温度を約0.1秒ごとに検知。細かな調節が可能64の眼で食品の温度を約0.1秒ごとに検知。細かな調節が可能
ワンボウルメニュー
2品同時あたため
グリル(加熱方式)大火力極め焼きヒーター(裏返し不要)大火力極め焼きヒーター(裏返し不要)
操作画面大型ホワイト液晶カラータッチ液晶
自動メニュー数188292
ごはんあたため(1杯:150g)約30秒約30秒

『NE-BS2700』はビストロスチームオーブンレンジの最高峰・最上位モデルです。

価格差は倍以上。
ここまでの多機能を使いこなせるのかな?
という印象も持ってしまって、今回ご紹介した『NE-BS907』がお値段的にもお手頃なのかなと感じています^^;

NE-BS907とNE-BS807の機能を比較検討

NE-BS907とNE-BS807の機能を表にまとめました。

 最新型『NE-BS907』『NE-BS807』
特徴焼く・煮る・蒸す・揚げるにこだわった高性能モデル。30Lビストロの標準モデル。人気の凍ったままグリルを搭載。
庫内容量30L30L
オーブン温度70~300℃70~300℃
2段調理
センサー
高精細・64眼スピードセンサースイングサーチ赤外線センサー
センサーの特徴
64の眼で食品の温度を約0.1秒ごとに検知。細かな調節が可能8つの眼がスイングし、食品の温度を直接検知。最適に仕上げる。
ワンボウルメニュー
2品同時あたため-
グリル(加熱方式)大火力極め焼きヒーター(裏返し不要)大火力平面ヒーター(裏返し不要)
操作画面大型ホワイト液晶大型ホワイト液晶
自動メニュー数188102
ごはんあたため(1杯:150g)約30秒約50秒~1分

NE-BS907とNE-BS656の機能を比較検討

NE-BS907とNE-BS656の機能を表にまとめました。

 最新型『NE-BS907』『NE-BS656』
特徴焼く・煮る・蒸す・揚げるにこだわった高性能モデル。時短機能充実の26L高性能モデル。カラータッチ液晶で操作簡単
庫内容量30L26L
オーブン温度70~300℃80~250℃
2段調理1段
センサー高精細・64眼スピードセンサースイングサーチ赤外線センサー
センサーの特徴64の眼で食品の温度を約0.1秒ごとに検知。細かな調節が可能8つの眼がスイングし、食品の温度を直接検知。最適に仕上げる。
ワンボウルメニュー
2品同時あたため-
グリル(加熱方式)大火力極め焼きヒーター(裏返し不要)遠赤Wヒーター(裏返し不要)
操作画面大型ホワイト液晶カラータッチ液晶
自動メニュー数188176
ごはんあたため(1杯:150g)約30秒約50秒~1分

NE-BS907とNE-BS606の機能を比較検討

NE-BS907とNE-BS606の機能を表にまとめました。

 『NE-BS907』『NE-BS606』
特徴焼く・煮る・蒸す・揚げるにこだわった高性能モデル便利な機能多数の26L標準モデル。揚げ物メニューも10分で。
庫内容量30L26L
オーブン温度70~300℃80~250℃
2段調理1段
センサー高精細・64眼スピードセンサースイングサーチ赤外線センサー
センサーの特徴64の眼で食品の温度を約0.1秒ごとに検知。細やかな調節が可能8つの眼がスイングし、食品の温度を直接検知。最適に仕上げる。
ワンボウルメニュー
2品同時あたため-
グリル(加熱方式)大火力極め焼きヒーター(裏化し不要)遠赤Wヒーター(裏返し不要)
操作画面大型ホワイト液晶大型グレー液晶
自動メニュー数18868
ごはんあたため(1杯:150g)約30秒約50秒~1分

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥44,700 (2021/04/22 03:04:41時点 Amazon調べ-詳細)

NE-BS907とNE-BS607の機能を比較検討

NE-BS907とNE-BS607の機能を表にまとめました。

 最新モデル『NE-BS907』『NE-BS607』
特徴焼く・煮る・蒸す・揚げるにこだわった高性能モデル。 便利な機能多数の26L標準モデル。揚げ物メニューも10分で。 便利な機能多数の26L標便利な機能多数の26L標準モデル。揚げ物メニューも10分で。
庫内容量30L26L
オーブン温度70~300℃80~250℃
2段調理1段
センサー高精細・64眼スピードセンサースイングサーチ赤外線センサー
センサーの特徴64の眼で食品の温度を約0.1秒ごとに検知。細かな調節が可能8つの眼がスイングし、食品の温度を直接検知。最適に仕上げる。
ワンボウルメニュー
2品同時あたため-
グリル(加熱方式)大火力極め焼きヒーター(裏返し不要)遠赤Wヒーター(裏返し不要)
操作画面大型ホワイト液晶ホワイトバックライト液晶
自動メニュー数18862
ごはんあたため(1杯:150g)約30秒約50秒~1分

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥46,800 (2021/04/22 03:04:42時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニックスチームオーブンNE-BS907の口コミ・評判は?NE-BS907のレビューや類似品も検証♪まとめ

口コミは低評価レビューが1件だけあったものの、大分昔の型落ちモデルをある程度しようしたら壊れてしまったというもので、あまり参考にはなりませんでした。

このレビューを除外すると星4評価以上が多数を占めるという結果となりました。

機能面では申し分なく、『凍ったままグリル』や『2品同時温め』機能、また2段調理機能など様々な料理やお菓子・パン作りに使えるスチームオーブンレンジでした♪