ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)口コミ・評判をレビュー♪

洗濯機

洗濯機が欲しいけど、たくさん種類があって迷いますよね。

ハイセンスの洗濯機にすると決めても、それでも種類が多いので結局価格で決めていませんか?

そこで今回はこれらの不安を解決できる商品として、HW-DG80Aを紹介します。

この記事を読めば洗濯の手間が少なくなることがわかり、買った後に浮いた時間やお金を何に使おうか考える楽しみが増えますよ。

洗濯機が欲しいけど、なるべく洗濯の手間なくコスパの良いものを探している人は要チェックです。

ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)の評判、口コミを徹底検証!


アマゾンでの評価件数は、本記事執筆時点で1800件越えと洗濯機とは思えない数の評価が集まっています^^

総評価は4.1と、こちらも家電製品のなかでは十分すぎるほどの高評価です。

ハイセンスと言えばテレビというイメージでしたが、洗濯機も人気製品になっていますね♪

評価の内訳は以下の通りです♪

★★★★★・・・48%
★★★★・・・・30%
★★★・・・・・13%
★★・・・・・・3%
★・・・・・・・6%

ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)の残念な評判、口コミ


こちらはハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)に低評価をつけた方のレビューです。

値段は安くていいのですが…
他のレビューでも見かけたように洗濯をすると白い綿埃のような物が毎回衣服に付着します。
白地〜無地の洋服はさいあく目立たないのでいいのですが黒いジャケットやシャツは白い綿埃でボロボロ(汗)
購入前の洗濯機だとこういった事はなかったので原因がわかりません。
どこか機械の隅にでもゴミが詰まってるのでしょうか…(因みに新品です)
引用元:アマゾン『ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)』レビューより

これは最悪ですね。

私でも返品したくなります。
というか、返品手続きして良いレベルです。

また、新品なのでホコリが溜まってるはずもなく、何が付着しているのか分からないのも不安をあおります。

レビューを確認していると、数名ほど同じ内容のレビューをされている方がいらっしゃったので、極まれに大ハズレにあたる可能性がある、という感じでしょうか。

ですが、その他大勢の方は高評価をつけているので、このハズレ個体はそんなに多い割合ではないのかなという印象です。

もし、心配なら、黒いタオルを買っておいて、購入直後に試し洗いをしてみることをおススメします。

前に薄型液晶テレビを調べてても、画面が割れているといったハズレ品はあったのですが、割れた経緯は何となく想像がつきますよね(笑

ですが、この洗濯機に関しては理由が想像つきません^^;
購入後は試し洗いをしてみることをおススメします。

ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)の良い評判、口コミ

残念なレビューで不安を煽ってしまいましたが、多くの方は性能や品質に満足されています。

こちらはハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)に高評価をつけた方のレビューです♪

13年使ったシャープのインバーター穴なし洗濯機が壊れたため、これに買い替えました。

悪い点:7kgの洗濯機からの買い替えですが、7.5kgの本製品は、洗濯槽が、若干小さい。ただ、高さが少しだけあるかもしれません。洗剤の投入口が・・・おもちゃのようにチープです。自分流のコースの記憶が最初の設定だけでは、記憶されません。一度、設定して実行後に記憶される模様。穴なし水槽では、あまり感じなかった洗濯時の水音が、新たに発生します。

良い点:画像より実物の方が見た目が良いです。洗浄時は、シャープの旧型より、若干、静かな程度ですが、脱水時の静かさは、特筆もの。前のタイプと同じ機能を持ったシャープ製なら8万円クラスであることを考えると
この価格でこの性能は、お買い得。たしかに脱水は、やや、弱いが、脱水時間の設定を4分から6分に変えると、むしろ脱水力は、前の洗濯機より上。また、紙製のマスクを洗って再使用する分には、風乾燥機能は、かなり有効に働きます。
引用元:アマゾン『ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)』レビューより

こちらのレビュアーさんは同じハイセンスの7.5kgタイプ(‎HW-DG75A)を買われた方でした。

製品自体は大きさが変わるだけで、性能自体はあまり変わりません。

スリムボディを謳っている分、洗濯槽全体を縦長にして容積を確保しているのでしょうね。

そのためか、日本メーカーのものよりも高さが高いのかもです。

私の家は日立製のものを使っているのですが、購入時の金額は8・9万円あたりと決行しました。

ですが、その時は引越しもあって初期費用を抑えたいという気持ちから、日立製の中でも安い方の洗濯機を選んだのですあ^^;

当時の日立製のものと比べると、ハイセンスの方が性能は同じくらいでも価格は半分ほどとかなり優良アイテム感が強くなっている印象です。

私の使っている日立の洗濯機は、風乾燥をすると、むしろ蒸れてしまって気持ち悪い出来具合になります(汗

そんでもって脱水時にめっちゃガタガタいうときがあるので、正直前回の日立さんの洗濯機はハズレだったなと思っていました。

当時はハイセンスが洗濯機を出しているとは知らなかったので家電量販店の店員さんと費用も含めて相談して買いましたが、今ならアマゾンや楽天経由でハイセンスの洗濯機を選んでいると思います。

何かあっても基本はアマゾンを間に挟んで返品手続きができるので、その点も案外安心なところなんですよね^^

結論購入しよかったです。

★良かった点★
毎日洗濯をしていて基本部屋干しなので
初めて「風乾燥」という機能を使ったところ
洗濯機から出した時点で、結構乾いているな
という感じでした。

実際に干してみると、暖房と空気の乾燥で
2時間くらいでほぼ乾いています。

★悪かった点★
特に感じないです!
引用元:アマゾン『ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)』レビューより

こちらのレビュアーさんも風乾燥機能の良さに驚いている感じですね^^

うちも部屋干ししかできないので、この風乾燥機能は羨ましい。

ちなみに、今からわざわざ買い替えるのはちょっと・・・という方は小型衣類乾燥機の導入を検討してみて下さい。

最近は小型衣類乾燥機の価格も3万円を切ってきていて、置き場所にさえ困らなければ導入するのもアリと言える時期に来ています♪

こちらの小型衣類乾燥機は安くて性能も良いと評判の一台です♪

『SeatheStars』小型衣類乾燥機の評判をレビュー♪『SeatheStars』の電気代も調べました♪
虫がついたり嫌な臭いがついたりするので、仕方なく部屋干しにしている方も多いと思います。 私も部屋が1階なので基本部屋干しなんですが、そうすると洗濯できるボリュームが限られますし、部屋干し臭もしてきます。 そこで、小型洗濯乾燥機を見知ってしまいました! それも、『SeatheStars』というアンダー3万円で買える高コスパな小型衣類乾燥機です♪ そこで、今回は『SeatheStars』小型衣類乾燥機のレビューや評判を徹底検証! そして気になる電気代などについてもまとめておきました♪

洗濯機自体を買い替えるなら、ある程度しっかり乾燥させてくれる本機を選ぶのが良いですね。

予算の都合がつくのであれば、乾燥機能付きのハイグレードなタイプ(例;パナのキューブルなど)を選びましょう。

ハイセンスは、あまり洗濯機などの家電に費用をかけたくないけど、ある程度しっかり洗濯してくれる製品を探している方にはピッタリのメーカーです♪

ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)の特徴・魅力


ここからは、ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)の特徴や魅力を見ていきましょう♪

ハインセンス独自の回転羽根で汚れを落とす

HW-DG80Aは、ハイセンス独自の回転羽で汚れを落とします。

この回転羽は2種類あり立体的な作りになっているため、水流を生み出しやすいという特徴があります。

そのため洗濯物をしっかりとかきまぜることから、出来上がり後の洗濯物の絡みが少なく取り出しやすいです。

手洗いのようなしっかりとした洗浄力もありながら絡みが少なくしわもできにくいため、洋服も傷まないのはメリットですね。

循環水流で強力な洗浄力を実現

循環水流で強力な洗浄力を実現できるのもまた、HW-DG80Aの特徴の1つになります。

HW-DG80Aは回転羽で水流を作るだけではなく、給水による縦水流と洗濯槽による横水流により循環水流を作ります。

その結果洗浄力がより強力になるので、洗剤をたくさん使わなくてもきれいに仕上がります。
節約にもなるので嬉しいですね。

洗浄力・清潔感をうむステンレス槽

HW-DG80Aの洗濯槽により注目すると、ステンレス槽が洗濯板のようになっているのがわかります。

この凹凸設計のおかげで、洗浄力がよりグレードアップするんです。

さらに先ほどからの説明にあるようにそこに水流が加われば、洗剤をたくさん使わなくても安心なことがわかりますよね。

清潔感につながるだけではなく、エコな点も特徴になります。

用途に合わせた洗濯コース

HW-DG80Aには用途に合わせた洗濯コースがあります。

そのコースには次のようなものがあります。

・標準
・つけおき
・おいそぎ
・念入り
・自分流
・毛布
・ドライ
・槽洗浄
・予約
・風乾燥

特に自分流は衣服の種類に合わせて洗い、すすぎ、脱水、風乾燥を細かく調整できるので、洗濯にこだわりのある人には嬉しい機能ですよね。

洗濯時間の予約機能

HW-DG80Aには洗濯時間の予約機能があります。

この予約機能は1時間単位で最大24時間先まで予約することができます。

仕事をしていると、つい洗濯するタイミングを逃しがちですよね。

しかし予約しておけば、仕事が終わり帰宅した時に洗濯が完了していることも可能なので、家事がスムーズにはかどります。

洗濯中に何かすることも効率は良いですが、最初に家事が終わっていた方が気持ち的にもやらなければいけないことが減って楽ですよね。

そういう時に予約機能は便利なのでおすすめになります。

最短10分お洗濯コース

HW-DG80Aは最短10分のお洗濯コースがあります。

予約し忘れてお急ぎで洗濯したい場合や、夜時間帯的にぎりぎり洗濯できそうだからやりたい場合など、時短で洗いたい場合ってありますよね。

そんな時はHW-DG80Aなら最短10分で洗濯できるので便利です。

10分ならあっという間に終わるので、時間を選ばず洗濯できます。

洗濯時間の長さにストレスを感じている人もおすすめですよ。

ハイセンスの洗濯機はスリムボディ

ハイセンスの洗濯機の特徴として、スリムボディな点も挙げられます。

洗濯機がある程度大きいのは仕方ないのですが、あまりに大きいと置き場以上に搬入に困る可能性があります。

例えば今住んでいる住まいが大きな家で通路も広いのであれば、そこまで気にする必要はありません。

しかし賃貸アパートのように通路が狭く、曲がり角が多いとなるとスリムボディの方が搬入しやすく便利です。

買った後に自宅に入らないとなったら最悪ですよね。

しかしハイセンスの洗濯機はスリムボディな商品が多いので、買った後の搬入のことを気にせずに選ぶことが出来ますよ♪

糸くずフィルターもあるよ♪

HW-DG80Aには糸くずフィルターもあります。

この糸くずフィルターですが、大容量なのでしっかりと糸くずを回収するだけでなくこまめに捨てる必要もないので便利です。

糸くずフィルターをコンパクトサイズにしすぎると、頻繁に捨てなければならず結構手間なんですよね。

私の前の洗濯機が小さめで、こまめに捨てて面倒だと思っていました。

しかしHW-DG80Aの糸くずフィルターは大容量なのでその心配はありません。

長く使う上でも、大容量はありがたいですね。

ハイセンス洗濯機8㎏(HW-DG80A)の評判をレビュー♪まとめ

ハイセンス洗濯機8kg(HW-DG80A)は日本の家事情にあった洗濯機といえます。

特に日本のマンションは通路よりもお部屋に広さをあてている場合が多く、搬入経路を計算に入れておかないと、買ったは良いけど入らない、なんてことになりかねません。

その点、スリムボディなタイプなら日本のマンション事情の下でも安心して搬入が可能です♪