バレーのオーバーハンドパスが上手くなるコツ・秘訣は何?コーチ経験者が教えます!

バレー練習法(セッター・トス)

今日も自然体バレー塾さんの
動画からピックアップ♪

本日の動画には
バレーのオーバーハンドパスの
コツが紹介されてます。

本文ではオーバーハンドパスの目的や
オーバーハンドパスのメリット。
さらに柔らかいオーバーハンドパスを
するコツをご紹介しております!



スポンサーリンク

オーバーハンドパスのコツ!どうやれば上手くなる?

ここからが本題といっても良いでしょう。
オーバーハンドパスはどうやったら上手くなるのか。

そもそも、オーバーハンドパス(いわゆるトス)
を習得するのは難しいんです。

アンダーハンドパスと一緒で、
普段の日常生活では使わない動作ですから。

それにもまして、
両手でボールを掴んでおきながら
持ったら反則を取られる競技がバレーボールです。

この難しさを克服しなければなりません!

オーバーハンドパス習得の第一歩

オーバーハンドパスを習得するにあたっては
手の形が非常に大切になります。

選手の手の大きさにもよりますが、
基本的な手の形を意識しましょう。

両手の親指を底辺とし、
人差し指と中指で少し丸みを帯びた
三角形を作ります。

薬指と小指は添えるだけです。

たまに親指、人差し指、中指だけしか
使わない選手も見かけますが
型が身に付くまではマネしないでください。

まず、上記の通り、手の形を覚えましょう。
覚えたら常にその形にセットできるように
意識をしてくださいね。

弾くオーバーハンドパス!あまりおススメしないフォーム

オーバーハンドパスの理想形は
トスの際に音がせず、
見ていて柔らかく
トスアップができているトスです。
でも、いきなりこうはなれません。

そこで、最初に行きつくのが
全ての指に力を入れて、
弾き飛ばすようにあげるトスです。

最初のうちはこれでも構わないと思います。
だって、これを認めないと
ゲームにならないからです。

でも、この弾くオーバーは
ドリブルをとられやすいという
デメリットがあります。

もっとも。遠くに飛ばしやすいという
メリットもありますよ。

弾くオーバーハンドパスのやり方は非常に簡単で、
先ほどの手の三角形を作ったら、
ボールが落ち来るタイミングに合わせて
腕を突き出すだけです。

よりよいタイミングは自分で見つけてください。
さらに飛ばすには下半身(足首やひざ)と
上半身(腕や手首)の連動を一致させなければなりません。

最初のうちはドリブルしないように
気を付けてやりましょう。

ただ、これは応急処置的な
オーバーハンドパスですので、
是非柔らかいトスの習得を目指してください。

柔らかいトスを上げるためのオーバーハンドパスのコツ

では、柔らかいトスを上げるための
オーバーハンドパスのコツはなんでしょうか。

まず、真っ先に覚えてもらいたいことは
力まないこと。

力むと指先に力が入り、
ボールの落下速度を
上手く吸収できません。

そのため、
ボスッというような鈍い音がします。

指には、ボールをキャッチするまでは、
ボールがこぼれない程度の力しか入れません。

そして、
ボールが落ちてくるスピードに合わせて、
親指を軽く引きます。

こうすることで、
ボールの落下速度を和らげることが出来ます。

そして、一瞬ですが、
手でボールを包み込むような形になります。

ボールをキャッチしたら、
今度は投げましょう。
押し出す、送り出すという表現の方が
あっているかもしれません^^

一度引いた親指や人差し指を使って
ボールを押し出します。

最初はボールに手が触れてから
ボールを離すまでに
少し時間がかかります(ホールに近い状態)。

そこで、徐々にボールをキャッチしてから
離すまでの時間を切り詰めていきます。

この感覚が短くなれば柔らかいトスに見えてきます。

以上の流れで一番重要な感覚は、
指先の関節を柔らかく使ってあげることです。

私は指の関節が硬いから無理、
という子がいます。
ですが、私も指の関節は硬いのですが
柔らかいトスを上げられます。
つまり、関節はあまり関係ないということです。
(指先だけでトスをしているわけではありません!)

重要なのは、手首と指先に力を抜いて、
いかに力みなくボールをキャッチして
返球できるかということなんです。

指や手首の関節が硬いから私には無理、
という妙な幻想・都市伝説は忘れて、
自分にも柔らかいトスを上げることが
できるんだということを
強くイメージしてくださいね。

オーバーハンドパスとは?オーバーハンドパスの目的とは

昨日本サイトに掲載した動画が
自然体バレー塾の動画だったのですが、
本日も昨日に引き続き自然体バレー塾さんの
動画の掲載を決めました。

理由は分かりやすかったからです!

さて、オーバーハンドパスは
バレーボールの技術としては
レシーブと同じくらい基本的なスキルです。

オーバーハンドパスが出来なくても、
レシーブさえ出来ればなんとかプレーできます。

初心者同士のバレーの遊びを見ていると
分かるかと思います。
円陣を作ってアンダーハンドパスで
レシーブしあっているだけですよね。

でも、オーバーハンドパスができないというのは、
プレイヤーとしては致命的です。
では、なぜアンダーハンドパスだけでは
ダメなのでしょうか。

アンダーハンドパスというのは
基本的にボールを低い位置でさばく技術です。
しかも、両腕を組んでボールに当てることから、
どんなに上手い人でも、たまにミスが出ます。

じゃあ、オーバーハンドパスは?
ということになるのですが、
まず、オーバーハンドパスの目的は
精度の高いトスまたはパスを、
目的の場所まで飛ばす技術と思ってください。

アンダーよりも正確に目的の場所に
投げることが出来ます。

もし、オーバーハンドパスの基本を忘れてる、
もしくはまだまだ基本ができてないなぁ
と思ったらこちらの記事も参考にしてみてください^^
オーバーハンドパスの基本中の基本 指の使い方【バレーボール】

オーバーハンドパスのメリット

オーバーハンドパスについてのおさらいです^^
オーバーハンドパスのメリットとしては、
高い位置でボールを処理するという点があります。

つまり、サーブレシーブの時であれば、
オーバーでカットすることで
素早い切り返しが期待できます。

また、アンダーハンドパスで処理するよりも楽に、
正確にセッターに返球することが可能になってきます。

また、セッターやスパイカーという視点から見ると、
アンダーであげられたボールと
オーバーであげられたボールとでは
ボールの打ちやすさが変わってきます。

私がエースポジションにいた経験上でいうと、
アンダーであげられるトスと
オーバーであげられるトス、
どちらが打ちやすいかというと、
圧倒的にオーバーの方が打ちやすく感じました。

打ちやすいと思えたのには
いくつか要因があります。

スパイカーはアンダートスよりオーバートスの方が打ちやすい理由

究極的には人それぞれだとは思いますが、
多くのプレイヤーはアンダーハンドパスで
あげられるトスより、オーバーハンドパスで
あげてくれたトスの方が打ちやすいと感じているはずです。

ではなぜ、
アンダーよりオーバーのトスの方が
打ちやすいのでしょうか。

その理由の一つは
トスの正確性という点にあります。

オーバーであげてくれる分でには、
どの辺にトスが来るのかというのが
直観的に分かります。
(下手すぎる人は除きます^^;)

オーバーであげてくれる選手にもよりますが・・・
仮に今トスをしようとしている選手が
部内でもオーバーハンドパスを苦手としていて、
いざ上げるとネット際にボールが
流れてしまう性質があるとします。

そうであれば、
ネット際の攻防になることを見越して
スパイクジャンプをすることで、
トスを正確に処理することが出来ますよね。

場合によってはフェイントで
リバウンドをとったり、
相手のコートの穴を最初から
探しておくことで対処ができます。

でも、これがアンダーハンドパスだったら?
多くの選手は普通に上げてくれるでしょう。

ですが、オーバーハンドパスより
正確性に欠けるトスであることから、
予測できない位置に上がってしまうということもあります。

特に新チームになったばかりで
個人技術が未熟なチームであれば尚更です。

これが、オーバーハンドトスのメリットその1です。
(アンダーパスのデメリットともいえますね)

もう一つの理由は、
スパイカーは普段からセッターのトスや
二段トスといったオーバーハンドパスでもらう
トスしかスパイク練習をしていません。

そうすると、普段なら床から
170センチ~190センチ程度の
位置からボールが飛んできます。

でも、アンダーでトスを上げてもらうときは
床から100センチ程度のところから
丁寧に上げてもらうことになります。

そうすると、
スパイカーにどういう感覚的な
変化が生じるのかというと、
ボールを打つまでのタイミングが
取りにくくなるんです。

別の言い方をすれば、
トスからミートまでの時間が
1・2秒ズレてしまうことで、
タイミングが取りにくくなってしまいます。

慣れれば簡単に修正できるのですが、
慣れないうちは頑張ってオーバーで
トスを上げるように心がけましょう。

サーブカット時のオーバーハンドパスの有用性

サーブカットは基本的に
アンダーハンドパスで行います。

サーブはネットを超えた辺りから
落下を始めるので、どうしても
アンダーハンドパスで取らざるを得ないからです。

でも、アンダーハンドパスで取るということは・・・
ボールは落下を始めていて空気抵抗を
大きく受けやすくなっている状態でもあります。

つまり、レシーブする瞬間に
ボール揺れていたり、
レシーブ直前になって
急に曲がったりと
変化するタイミングと被るんです。

サーブの変化が大きければ
取りにくいですよね。

それなら、サーブが変化を始める前に
オーバーハンドで取ってしまいましょう。

最初は慣れず、
ボールが後ろに飛んで行ったり、
思った通りに上がらなかったり、
手に当てた瞬間、
真下に落ちてしまったりと
上手くいかないことが多いかもしれません。

ですが、
相手がフローターサーブだったらオーバーで取る、
を徹底するとレシーブ力が上がりますよ。

なんといっても、
両手で捕まえてセッターに
返すだけですからね。

もちろん、持ったら反則ですから、
持たない程度にボールをコントロールして、
セッターに返球してください。

まとめ

・オーバーハンドパスはボールを正確に上げることが出来る技術
・オーバーハンドパスの方がスパイカーは打ちやすい
・レシーブもオーバーハンドパスを使った方がミスを減らせる
・オーバーのコツは指・手首・肩・体全体の力みをなくすこと
・オーバーのコツは、指・手首・肘を力みなく柔らかく使うこと
・関節が硬いと柔らかいトスを上げられないという幻想は捨てること!
《スポンサードリンク》

コメント