【実機】『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650レビュー♪カタログスペックは本当?評判や評価もレビュー♪

掃除機

パソコン周りを綺麗にしたくて、アマゾンで人気のハンディクリーナーを買いました♪

選んだのが『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650というもの。

本記事執筆時点でも、車載用ハンディクリーナー部門にて第3位に輝いております♪

そこで、実際に『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650を買ったものとしてレビューしていきますね♪

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650レビュー


それでは、まずはどんな梱包状態だったのか?
そこから、実際に使った感想を写真を交えてお伝えします♪

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650開封♪

これはおそらくアマゾンの梱包が良かったのでしょうね^^;

めちゃくちゃガッツリ梱包材が入っていました。

化粧箱のダンボールは手でちぎれるくらいの薄めでした。
まぁ、梱包がしっかりしてるから問題はありません。

ラベルにはメイドインチャイナの文字が。やっぱりね、って感じではあります^^

こちらが同梱物一式。

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650本体だけでなく、ちゃんと付属のアタッチメントがついてきました。

また、これらと一緒にギフトカードが。

このギフトカードはいわくつき(レビューと引き換え系)なので応募しないことをおススメします。

ランキング上位に食い込んでいるのは、このギフトカードのおかげではという気もしなくもない^^;

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650を実際に使った感想

それでは、次に『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650を使ってみた感想も書いていきたいと思います。

ですが、まず充電ですね!
最初から半分くらい充電されてきたのですが、念のため満充電にしておきたいと思います。

これが充電中を意味する赤いランプです。

充電が完了すると緑のランプに変わります♪

が、私のはその点不良品だったのか、何時間たっても緑に変わることはありませんでした^^;

交換はカスタマーサービスから連絡を入れればしてもらえるのですが、既に箱をバリバリにやぶいて捨ててしまった後だったので、改めて梱包し直すのも面倒、ということでこのまま使っていくことにしました。

まずは、何もアタッチメントはつけずに引き戸の溝のゴミや壁際のゴミを吸ってみました。

こちらの画像は『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650で吸引する前のなので汚い状態です・・・すみません^^;

からのー、『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650でギュインギュイン吸ったのがこちら。

それなりにしっかり吸い取ってはくれました。

ですが、よーくみると、溝の一番奥にたまったホコリのかたまりまでは取れませんでした。

次に、本来の目的であるパソコンのほこりを吸っていきたいと思います。

こちらが、『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650を使う前。

ちょこちょこホコリらしきものが目につきますよね^^;
改めて、すみません・・・(笑

で、こちらが『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650で吸った後です♪

一応吸った場所を赤丸で囲っておきました。

キーボードの表面付近に付着していたホコリはしっかり取れているのが分かります。

お値段と比べてみれば、案外やるじゃん、というのが率直な感想でしょうか。

でも、もうちょっと吸引率が良くても良いんじゃない?
とも思いました^^;

ちょっと気になっている点が2点あります。

まず1点目が、吸引時の音です。

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650の吸引時の音は、掃除機のギュイーンという音よりワントーン、ツートーン高くて『キュイ-ン』という音がします。

この音、苦手な方もいらっしゃると思うので、甲高い音のハンディクリーナーはイヤだという方はやめておいた方が良いかもしれません。

また、音も大きめなので、夜中には使えません^^;

そして、もう一点気になるのが、アタッチメントのノズルの装着感がチープなこと。

なんだろ、先端にノズルを差し込むだけなんですけど、カチッとはまってくれないので、フワフワとグラついてる感じになります。

そして、ノズルを付けると吸引力が落ちる気がするんですよね。

それが、先ほどのフワフワ感があるといった部分で、スキマが生じて吸引力が落ちてしまっているのでは?
と疑ってしまいます。

ちなみにブラシの方はキーボードを掃除する際に使っていますが、気になりません。

ノズルだけしっかりはまるタイプないかな^^;

この2点だけが気になりましたが、他の部分については普通のハンディクリーナーでした。

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650のレビューや口コミ、評判


アマゾンでは結構買われているらしく、現在、車載用クリーナー部門で3位になっています。

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650の評価数は500件に迫る勢いです。
販売登録されたのが、2020年10月だったことを考えると、しっかりと評価数を伸ばしているといえそうです。

総評価は星4.4と高評価。
まぁ、ギフトカードがね^^;

評価の内訳は以下の通りです♪

★★★★★・・・65%
★★★★・・・・19%
★★★・・・・・8%
★★・・・・・・3%
★・・・・・・・5%

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650の残念なレビュー

こちらは、『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650に低評価を付けた方のレビューです。

軽さはこんなものかなあと思います。
持ちやすさは特に軽いことも無いですが、苦になる重さでもありません。
問題は吸引力です。強でも写真の小石を吸えません。

主たる自動車のフロア掃除で、この事は想定外でした。本体を含め、吸引部を半分以下に狭めるしか解決策は無いでしょう。または、本体、パイプとの接続部等から力が漏れているのかも。

スイッチを切るときは、通常→強→オフこ仕様なので、音が五月蝿くなり耳障りで慣れません。設計が使い勝手を弾いたものになっています。

厳しい評価になってしまいました。
引用元:アマゾン『Angashion』ハンディクリーナーレビューより

星1の低評価を付けている方の多くは初期不良にたいする不満でした。

星2のレビューになってくると、性能と使い勝手とを比較したものが増えてきたように感じます。

そして、上記のレビューは星2を付けた方のでした。

軽さについては、個人的にはとても軽いなと思いました。

普段使っていた2in1タイプの掃除機をハンディ代わりにしていたので、それなりに軽くなったんだなと感じたのでしょう。

この重さという点については、私は軽いと感じました^^;

問題は、吸引力ですよね。

小石を吸えない・・・私の個体も溝にたまった小さなホコリは吸いきれませんでした。

個人的には、溝のゴミ位吸ってくれるだろうという期待を持って買ったので、この点はとてもガッカリしたんですね。

なので、レビュアーさんが呆然としたのだろうなということは推察できます^^;

私もこちらのレビュアーさんもハズレ個体を引いた可能性も十分にあります。

他のレビュアーさんが仰っていましたが、パソコン周りのホコリ取りには使えると。

でもその程度だと仰ってましたね^^;
うん、納得です。

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650の高評価なレビュー


こちらは『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650に高評価を付けた方のレビューです♪

飲食店ゲーム機器のメンテナンス業やってます。ゲーム機の中はわたゴミで凄いのですが、これで充分です。何より、移動車で充電出来、作業用ケースにすっぽり入るコンパクトさ、音の事あまり他の方書いてませんが、2段階の小は飲食店ではお客様が気付かないレベル、大でも音楽かかってる店内では不快にならないレベル、むしろ思ったより静粛性が高いと思います。そして、お値段が安い割に見た目高級感あり、ダイソ◯のハンディタイプ家で使ってますが、仕事用でもう一つ買わなくて正解でした。
超おすすめ!
引用元:アマゾン『Angashion』ハンディクリーナーレビューより

え、そんなに!?
というのが、このレビューを見て思った率直な感想です^^;

空いとるものが主にちりやほこりなら、この程度でも良いのかもしれません。

なので、何をどういう状況で吸うのか、どういうシーンで使用するのかによって、使い手を選ぶ製品といえそうです。

私はパソコン周りの掃除でホコリを取りたかっただけなので、必要十分、というか最低限の吸引力はありました。

ですが、それ以上のものを『Angashion』ハンディクリーナーに求めると「間違えた」と思う結果になるかもしれません。

購入を検討されている方は、ご自分の用途が、この『Angashion』ハンディクリーナーで間に合うのかを良く考えてから買いましょう。

車用のようですが、自宅でちょっとしたゴミを取るのに購入。

どれも似たような形状のものが多いようですが、その中でも多少クールな形状です。
性能も似たりよったりでしょうが、十分な吸引力です。
家庭用ではないので専用スタンドはありませんが、棚の上に置いておいてすぐに使えるのはありがたいです。
引用元:アマゾン『Angashion』ハンディクリーナーレビューより

こちらの方は用途と『Angashion』ハンディクリーナーの性能が見合ったようですね。

ポジション的には私と一緒^^;

この方と共感できるポイントとしては、ぱっと見がクールなので台の上にポンとおいておけるところ。

また、小型軽量なので気軽に使えるという点は良い点だと思います。

ただ、音の質が良くないので結構耳障りです。
この耳障りな音を我慢できるかも、『Angashion』ハンディクリーナーを選ぶべきかどうかの判断基準になってきますね^^;

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650の特徴と魅力

ここからは『Angashion』ハンディクリーナーの特徴や魅力をご紹介します。

あくまでもカタログスペックを前提としていますので、「え、本当?」と思ったところに対してはツッコミを入れていきますね(笑

ゴミの逆流を防ぐ逆流防止弁

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650には、いったん吸い取ったゴミが落ちてこないように、逆流防止弁というものが付いています。

たしかに、逆さにしても吸い取ったゴミは落ちてきませんでした。

何気なく、仕込み口を見ると、ゴムベラのようなものがついていて、これが逆流防止弁なのだと思います。

構造は簡単でハンディクリーナーの口からフィルターに向かって一方通行にしか開かないようになっています。

ただ、構造は簡易的なので指で引っ張ったりすると取れる恐れがあるので、触らないようにしましょう^^;

付属のノズルで様々な場面に対応

アマゾンの販売ページの文言はちょっと意味不明なところもあるんですが、平たく言うと、付属のアタッチメントをつけることで掃除の用途が広がるよということです。

なんですが、ブラシノズルはキーボードの掃除なんかにちょうど良いかなという印象。

ですが、スキマノズル(細長いノズル)は、先程も書いた通り微妙。。。

というのも、本体にしっかりフィットしなかったんですね。

そのためか、全然ゴミを吸ってくれないのでイラっとします(笑

何なら、何もつけずに吸った方がよっぽど吸引してくれるは!
という感じ。

なので、ブラシノズルは良くてもスキマノズルはイマイチ、というのが私の感想です。

HEPAフィルターを使用しているハンディクリーナー

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650はHEPAフィルターを採用しているので、モーターにゴミが引っかからないとのこと。

この点は、まだそんなにゴミを吸っていないため検証できていません。

現状、フーン、そうなんだー位の情報です。

USB充電可

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650がとても便利なのは、コンセントだけでなくUSBからの充電に対応しているところです。

なので、パソコンのUSBからも充電できますし、コンセントに変換器をさせば充電できます。

また、車載用として車のUSBからも充電ができるのは確かに便利です。
これは本当(笑

軽くて小さく持ち運びに便利

そんなに持ち運ぶこともないかなとは思いますが、個人的に使ってみて軽いと感じました。

重さ的には500mlのペットボトルよりほんの少し重たい程度なので、サッと取り出してサッとしまえます。

なので、車載用に使っているけど自宅のあの場所が気になる、という場合には持って移動させることもできますよ。

【実機】『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650レビュー♪カタログスペックは本当?評判や評価もレビュー♪まとめ

『Angashion』ハンディクリーナーCZK-6650はハンディクリーナーとしては及第点よりちょっと下かなという印象でした。

使えないことはありませんが、用途がかなり絞られます。

音の割に吸ってくれないという印象のハンディクリーナーなので、個人的な感想を述べると、もう少し吸引力をあげてくれ!
という印象です。

お値段は手頃なので、それでも良い、パソコン周りの簡単なゴミ取りに、自宅の簡単な清掃に、車の簡単な清掃にと考えている方にはコスパは良いかもしれません。

私は、もし次も同じハンディクリーナーを買うかと言われたら、買いません。
次はシャオミのにします^^;