『Morus Zero』はどこの国の会社?『Morus Zero』の会社概要や公式HPはある?『Morus Zero』の評判もレビュー♪

乾燥機

衣類乾燥機といえば、大きくて設置工事が必要なものを想像しますよね。

というか、私もそういう物だと思ってました、ところが、『Morus Zero』という小型衣類乾燥機は室内設置型にも関わらず、設置工事不要、さらに移動ができて乾燥具合も良い♪

ということでクラウドファンディングでかなり有名になった『Morus Zero』ですが、こんなに凄いのを作った会社は一体どこの国の会社なのか調べてみました。

また、『Morus Zero』の評判もレビュー♪

『Morus Zero』はどこの国の会社?


実は、『Morus Zero』のメーカー様からご依頼をいただきまして、実機レビューを書かせていただきました。

『Morus Zero』レビューという記事を良かったらご覧ください♪

【実機】『Morus Zero』レビュー♪小型衣類乾燥機『Morus Zero』は本当に小型か評判もチェック♪
洗濯物を外に干せないときに使いたいアイテムが衣類乾燥機です。 ですが、工事が必要だったりと導入に踏み切るのが難しい家電でもあります。 そんな中で、クラウドファンディングのMAKUAKEで1億5千万円以上の応援購入に成功した斬新なアイテムが『Morus Zero』です。 今回、『Morus Zero』が発売されることになりました♪ しかも、そのレビューをさせていただく機会に恵まれましたので、今回実機レビューをさせていただきました♪ ちなみに、うちはアパートの1Fにあり外に洗濯物が干せません。 室内に干せる数にも限りがあるので工事不要の室内乾燥機が必要でした^^;

さて、Morus ZeroことMorus Innovation Ltd.(モルスイノベーションHK有限会社)は2018年3月に中国深センで設立された会社です。

スマート家電を通して日々積み重ねていく家事を少しでも楽にして幸せを届けるということを理念にスマート家電の開発に力を入れている会社です。
https://jp.morus.com/pages/about-us

『Morus Zero』の会社概要はある?

Morusには会社概要が存在します。またHPには日本の特定商取引法で記載しなければならないとされている各項目がきちんと記載されていました。

⇒https://jp.morus.com/pages/about-us

どちらかというと欧米型というか、理念を中心に書かれているページです。

特商法についてはこちら♪
⇒https://jp.morus.com/pages/specified-commercial-transactions-law

『Morus Zero』の公式HPはある?


Morusには公式HPが存在します。中国の会社のHPというと日本語に違和感のあるHPも多いですが、MorusのHPは文章も読みやすくしっかりとしたHPでした。

⇒https://jp.morus.com/

『Morus Zero』の特徴・魅力

Morus ZeroはMorus社により開発された小型衣類乾燥機です。

日本ではMorus Zeroのクラウドファンディングが2021年に行われていましたが、1億5千万円(目標金額の31154%)もの支援額を突破した、とても話題の製品です。

Morus Zeroの一番の特徴は衣類乾燥機なのに大きさがコンパクトであるという点です。

よくある乾燥機付きのドラム式洗濯機って大きなものばかりですよね。

洗濯物を干すのって本当に面倒くさいですし、私の場合、折角洗濯したのに干し忘れてしまって洗い直しということも多々あります。

そんな時に乾燥機があればとても便利ですが、乾燥機の大きさがネックで導入をためらっている方も多いと思います。そんな問題を解決してくれるのがMorus Zeroです。

もちろんコンパクトなだけでなく、機能面も素晴らしいです♪

最短15分乾燥モードもある小型衣類乾燥機

Morus Zeroには世界初の独自真空乾燥技術と特許技術であるvacuumにより最短15分での乾燥が可能です。

15分というのは乾燥機の中でもかなり早い方です。

コインランドリーは、一般にガス式業務用乾燥機を使っていて、乾燥にかかる時間の目安が「20~30分ほど」と言われています。

ガス式乾燥機にも匹敵する速さですね。

設置工事不要だからどんな家にも置ける


Morus Zeroは工事不要で、コンセントを差し込むだけで使用することができます。

乾燥機の中には設置に工事が必要なものもあり、その点で乾燥機の購入を悩んでいる人にはぜひおすすめです。

工事不要なので、賃貸住宅などでも使用することができますね。

実際に使ってみて思ったのが、少しモーター音や排気音が大きいので、賃貸住宅の中でも壁の薄いお部屋で使う際にはお隣さんへの配慮が必要です。

完全室内対応なので外干しの弊害から守られる

洗濯物を外に干す際のメリットとは紫外線により、ダニやノミなどから衣類を守れるという点です。

Morus Zeroにも99.99%除菌・99.99%ノミ除去の機能がありますので、Morus Zeroで乾燥した際にもそのような効果が得られます。

一方、洗濯物を外に干す際のデメリットは雨が降ってきたら洗濯物が濡れてしまうことや、風により洗濯物が吹き飛ばされてしまうこと、紫外線により衣服にダメージを与えてしまうこと、花粉などが洗濯物に付着してしまうこと、女性の場合は防犯面での不安が挙げられます。

これらのデメリットは衣類乾燥機を使うことにより防ぐことができますね。

スタイリッシュかつコンパクト♪

Morus Zeroのサイズはとてもコンパクトで、見た目もリビングに置いてあっても違和感がないようなスタイリッシュなデザインとなっています。

乾燥機をリビングに置くというのは今まで考えたこともありませんでしたが、リビングにあったら乾燥した衣類を取り出してすぐに使うことができるので便利そうですよね♪

ただし、排気とともに湿気がかなり排出されるので、リビング設置はオススメできません(排気を出す技術という意味では素晴らしいのですが^^;)

リビング以外にもコンパクトなサイズなのでどこにでも置くことができ、自分にあった使い方をすることができます。

乾燥器が部屋に置ける時代が来るなんて驚きですね。

乾燥機を使うことでQOLが向上♪

QOL(クオリティオブライフ)とは生活の質と訳され、現在様々な分野で注目を浴びています。

一般に家事を減らす工夫をしたり、快適に暮らせるような仕組みを作りQOLを上げると人生の幸福度が上がると考えられています。

例えば、洗濯物をハンガーにかけて干したり取り込んだりする作業って面倒くさいですよね。

私は洗濯物を取り込むのを忘れていて、朝もぎたての靴下を履いて出かけるということがしばしばあります。

オシャレ着やシャツなどしわが付いて欲しくない物は干した方がいいと思うのですが、それ以外のものについては手間も省けますし乾燥機の利用をおすすめします。

乾燥機を導入すると洗濯物にかける時間が減ってQOLが向上するということです♪

99.99%の有害物質を除去

外に洗濯物をに干すと花粉などの異物が衣類に付着します。

乾燥機を使えば外の異物の付着を防げるのはもちろんですが、99.99%のダニや有害物質を取り除いてくれるという機能もあります。

また、雨の日や梅雨の時期に気になる生乾き臭もMorus Zeroを使えば70㎞/hの温風により除去することができます。

生乾き臭、本当に避けたいですよね。

私の場合、夏場に室内干しをすると80%くらいの高確率で生乾き臭が出て、最悪洗濯し直す羽目に。

これではかえってQOLを下げることになってしまいます。

このようにならないためにも、Morus Zeroのような乾燥機はありがたいです♪

加熱しすぎず素材をフンワリ乾かせる♪

洗濯物の仕上がりも気になる点だと思います。

Morus Zeroは回転方向や加熱の度合いにしっかりと生地を保護する気遣いがされていて、天日干しと同等かそれ以上にふんわりと仕上げることができます。

冬場だと外から取り入れたばかりの衣類はすぐに着ようとすると冷たいので、いつでもふんわり温かく仕上げてくれるのは良いですね。

ちなみに、タオルで実験したところこんな結果に♪

これにはメールを下さった担当さんも驚かれていました♪

【実機】『Morus Zero』レビュー♪小型衣類乾燥機『Morus Zero』は本当に小型か評判もチェック♪
洗濯物を外に干せないときに使いたいアイテムが衣類乾燥機です。 ですが、工事が必要だったりと導入に踏み切るのが難しい家電でもあります。 そんな中で、クラウドファンディングのMAKUAKEで1億5千万円以上の応援購入に成功した斬新なアイテムが『Morus Zero』です。 今回、『Morus Zero』が発売されることになりました♪ しかも、そのレビューをさせていただく機会に恵まれましたので、今回実機レビューをさせていただきました♪ ちなみに、うちはアパートの1Fにあり外に洗濯物が干せません。 室内に干せる数にも限りがあるので工事不要の室内乾燥機が必要でした^^;

自動シャットダウン機能を搭載

Morus Zeroは洗濯物の水分を自動で感知し、乾いているかどうかを判断してくれます。

そして洗濯物が乾いていた際には自動でシャットダウンしてくれるので余分な加熱や電力の消費を防ぎます。

環境にも優しいですし、電気代も抑えられますね。

靴専用乾燥棚も完備♪

これにはとてもびっくりしたのですがMorus Zeroには靴専用乾燥棚が付いてきます。

衣類だけではなく靴も乾燥させることができます。

これは一般的なドラム式でぐるぐる回る洗濯機ではなかなかできないことです。

靴って乾きにくいですが、雨で濡れてしまったりしたときもすぐに乾かすことができます。

『Morus Zero』の評判をレビュー

Morus Zeroの開発にはクラウドファンディングが利用されていますが、支援額は1億5千万円を超えていることからも多くの人が期待を寄せている小型衣類乾燥機であることが分かります。

実際にMorus Zeroのクラウドファンディングが行われているmakuakeの応援ページを見ていると「こんな乾燥機を探していた」や「期待通り」などといった肯定的なレビューばかりでした。

ですが、唯一の欠点として「音が少し大きい」というレビューも見られました。総合的に判断すると音が少し大きいという点を除けば、Morus Zeroは置き場所にも困らない理想的な乾燥機だと言えますね(^^♪

『Morus Zero』の販売店は?Amazonでは買えない?

『Morus Zero』が欲しい!
と思った方もいらっしゃると思います。

現在、『Morus Zero』は公式サイトから購入することが出来ます。

また、公式サイトにあるメールマガジンに登録すると、イベントごとにクーポンが配られることがあるので、その時を狙って買うのもお得に買えますよ♪

恐らく、今後はリアルの販売店での販促活動も視野に入れて活動していくと思われますが、現状は公式サイトからのみ購入可能です。

『Morus Zero』はどこの国の会社?『Morus Zero』の会社概要や公式HPはある?『Morus Zero』の評判もレビュー♪まとめ

今回は、小型衣類乾燥機として絶賛発売中の『Morus Zero』を販売している会社がどこの国の会社なのか調査しました♪

中国の深圳のようですが、深圳といえばテクノロジーが進んでいる都市で、現在大注目の都市です♪

『Morus Zero』の乾燥機としての実力は折り紙付きですので、興味のある方はこちらのレビューページにある『Morus Zero』のメルマガへ登録してみて下さい♪

【実機】『Morus Zero』レビュー♪小型衣類乾燥機『Morus Zero』は本当に小型か評判もチェック♪
洗濯物を外に干せないときに使いたいアイテムが衣類乾燥機です。 ですが、工事が必要だったりと導入に踏み切るのが難しい家電でもあります。 そんな中で、クラウドファンディングのMAKUAKEで1億5千万円以上の応援購入に成功した斬新なアイテムが『Morus Zero』です。 今回、『Morus Zero』が発売されることになりました♪ しかも、そのレビューをさせていただく機会に恵まれましたので、今回実機レビューをさせていただきました♪ ちなみに、うちはアパートの1Fにあり外に洗濯物が干せません。 室内に干せる数にも限りがあるので工事不要の室内乾燥機が必要でした^^;